サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

川口能活がいま引退を選んだ理由。
燃え尽きてはいない、次の情熱へ。

posted2018/11/15 12:15

 
川口能活がいま引退を選んだ理由。燃え尽きてはいない、次の情熱へ。<Number Web> photograph by J.LEAGUE

鬼気迫る表情と、やわらかな表情。どちらの川口能活も驚くほど魅力的なのだ。

text by

戸塚啓

戸塚啓Kei Totsuka

PROFILE

photograph by

J.LEAGUE

 清々しいという表現は、この日、この時、この男のため、にあるようなものだろう。

 11月14日、川口能活の現役引退会見が行われた。所属するSC相模原の呼びかけに応えて、東京はもちろん出身地の静岡のメディアなど63社の130人が会見場を埋め尽くした。

 およそ1時間の会見で、川口は「いまは感謝の気持ちしかありません」と何度も繰り返した。日本サッカーの最前線で戦い続けてきた男は、サッカー選手としての闘志を収束するタイミングを自ら見つけたのである。気持ちは澄み切っていた。

 1994年の横浜マリノス入団から、国内外の6つのクラブを渡り歩いて25年である。日本代表での国際Aマッチ出場数は歴代3位タイにしてGK最多の116試合を記録し、ワールドカップ出場は4度を数える。

 ワールドカップ本大会だけでなく、ワールドカップ予選やアジアカップ、さらには'96年のアトランタ五輪などでも活躍してきた。「川口能活」という名前とともに日本サッカーの歴史に刻印された試合は、両手でも全く足りないぐらいだ。

 かくも濃厚なキャリアに、今シーズン限りで幕を降ろすのだ。簡単な決断でも、瞬間的な決心でもなかったはずである。

燃え尽きるという選択肢は選ばなかった。

 川口も記者会見で率直な思いを明かした。

「実はここ1、2年くらいはプレーを続けるか、あるいは引退するかの狭間で揺れていました。サッカーは大好きですし、続けたい。でも、試合に出られないときもありましたし、そのなかで辞めるか続けるかのところで揺れていた」

 フィジカルコンディションに問題を抱えていたわけではない。SC相模原に加入した'16年と翌'17年は、コンディションが整わずにシーズン開幕から出遅れた。しかし今シーズンは、FC岐阜に在籍した'15年以来の開幕スタメンをつかんでいる。

 リーグ戦出場は5試合にとどまるが、ここまで消化した29試合のうちベンチから外れたのは6試合しかない。臨戦態勢は整っていた。

 彼自身、「余力はあります」と話している。プロ入りからコンディションを第一に考え、食事や休養などに細心の注意を払ってきた。キャリアを長く続けるための“貯金”は、まだまだ尽きていない。トレーニング中の動きは、43歳となった現在もしなやかである。

「ボロボロになるまで、燃え尽きるまでやることも、考えなかったわけではないですが……」と川口も話す。ならばなぜ、引退へ気持ちが傾いたのか。

【次ページ】 代表の戦いを見て、自分も次の戦いへ。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

川口能活

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ