プレミアリーグの時間BACK NUMBER

守銭奴が歴史、伝統、CLも脅かす、
強欲な欧州スーパーリーグ構想案。 

text by

山中忍

山中忍Shinobu Yamanaka

PROFILE

photograph byUniphoto press

posted2018/11/13 10:30

守銭奴が歴史、伝統、CLも脅かす、強欲な欧州スーパーリーグ構想案。<Number Web> photograph by Uniphoto press

CL3連覇を成し遂げたレアル・マドリー。近い将来、彼らがCLからいなくなる可能性もあり得る?

“超強欲リーグ”の行く末。

 プレミア勢を眺めてみれば、イングランド人が経営実権を握るトッテナムは蚊帳の外。マンC、マンU、リバプール、アーセナル、チェルシーの5クラブは、いずれもエンターテイメントとしての欧州サッカーが持つ迫力や収益力に惹かれてやってきた外国人オーナーの所有物ときている。

 アーセナルはスーパーリーグ報道に「実現可能な構想とは思えない」と反応したという。これも今となっては「心配はいりませんよ」と伝えつつ、陰で構想実現への作業を進めているとしか思えない。表面的にはエリートが集うが、実態はカネの亡者が集う醜いカルテルの誕生だ。

 まるで、「ハエ男」への変化を予期しながら同様のセリフを吐いた、1980年代の映画『ザ・フライ』の主人公さながら。個人的には、その発言を否定した記者のキャラクターと同じ心境だ。同作品の宣伝コピーにもなった記者のリアクションは、「Be afraid. Be very afraid(恐ろしいことになる。本当に恐ろしいことになりそう)」。

 近い将来に実現してしまいそうな、“超強欲リーグ”開幕の予告編にも打ってつけだ。

関連記事

BACK 1 2 3 4
マンチェスター・ユナイテッド
マンチェスター・シティ
リバプール
アーセナル
チェルシー
欧州チャンピオンズリーグ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ