欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

インテルの「運命の男」ベシーノ。
ボールはいつも彼の所に飛んで来る。

posted2018/10/25 10:30

 
インテルの「運命の男」ベシーノ。ボールはいつも彼の所に飛んで来る。<Number Web> photograph by Uniphoto PRESS

マティアス・ベシーノは元来ゴールで評価されるタイプの選手ではない。しかし勝負強さというのは存在するのだ。

text by

手嶋真彦

手嶋真彦Masahiko Tejima

PROFILE

photograph by

Uniphoto PRESS

 未来を切り開けるフットボーラー。それがインテルのマティアス・ベシーノだ。

「僕のキャリアを通して、もっとも重要なゴールになった」

 ベシーノがそう振り返ったのは、昨季のセリエA最終節ラツィオ戦で、未来を切り開くゴールを決めた直後だった。

「僕はゴールを量産できる選手じゃない。だけど、正しい瞬間に、それ(ゴール)はやってくる」

 ベシーノが決めた81分のゴールで、常にリードを許していたインテルがラツィオをついに逆転。スコアを3-2としたベシーノのそのゴールが、決勝点となる。

 運命を変えるゴールだった。81分のそのゴールが決まらず、試合が2-2のままで引き分けに終わっていたら、インテルの7シーズンぶりとなるCL出場権獲得は実現していなかった。当然、今季のCLグループステージ初戦は迎えることができず、プレミアリーグの強豪トッテナムからの劇的な逆転勝利も収めてはいなかった。

CLを引き寄せ、そして勝ちきる。

 トッテナム戦も敗色が濃厚だった。インテルが1点のリードを許したまま、試合の大詰めを迎えていた。4節を終えたセリエAで1勝1分2敗と大きく出遅れ、CLも黒星スタートか――。

 そんな嫌なムードを吹き飛ばしたのがベシーノだった。インテルは86分のマウロ・イカルディのゴールで同点に追いつくと、アディショナルタイムの92分に試合を引っ繰り返す。

「これは運命だ。別の誰かが決めていてもおかしくなかった。僕らは全員が(実際は7人が)ペナルティエリアの中にいた。それなのにボールは、僕のところに飛んできた」

 トッテナムを逆転する92分の決勝ゴールを決めたベシーノは、大きな殊勲を運命だったと振り返る。コメントはそのまま見出しとなり、ベシーノはメディアから「運命の男」などと囃し立てられた。

 トッテナム戦のおよそ1カ月後。10月21日のミラノダービーでも、ベシーノは未来を書き換える。試合は0-0のままアディショナルタイムに突入。残り1分あるか、どうか。そんな土壇場の92分に、イカルディの劇的な決勝ゴールが決まる。右サイドの大外から完璧なクロスを供給したのがベシーノだった。

 同じミラノを本拠地とするミランをダービーマッチで破り、トッテナム戦からのインテルの連勝は7に伸びた。アディショナルタイムのベシーノのゴールに始まり、アディショナルタイムのベシーノのアシストで続いている快進撃だ。

【次ページ】 終盤の試合を決めるゴールばかり。

1 2 3 4 5 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

マティアス・ベシーノ
インテル・ミラノ

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ