リーガ・エスパニョーラ最前線BACK NUMBER

1位バルサ、2位がエスパニョール!?
新監督が選手の劣等感を消した方法。

posted2018/10/26 07:00

 
1位バルサ、2位がエスパニョール!?新監督が選手の劣等感を消した方法。<Number Web> photograph by Uniphoto PRESS

かつて中村俊輔も在籍したエスパニョール。ルビ新監督のもとで今季序盤戦は驚きの躍進を見せている。

text by

横井伸幸

横井伸幸Nobuyuki Yokoi

PROFILE

photograph by

Uniphoto PRESS

 昨年の夏、エスパニョールの当時の監督キケ・サンチェス・フローレスは腹を立てつつ頭を抱えていた。望みどおりの補強が行なわれなかったからである。

 果たしてチームは苦しいシーズンを送り、監督と選手の関係は悪化の一途をたどった。終盤に入って勝ち星がつかなくなると、キケの口からは「このチームじゃどうしようもない」という言葉さえ発せられた。

 あれから数カ月。エスパニョールは5割超の勝率をもって今季序盤に旋風を巻き起こし、第9節を終えたところでバルセロナに次ぐ2位につけている。

 躍進の要因は、1年前の失敗を反省して補強に全力を注いだから――ではない。

 たしかにクラブ史上最高額1000万ユーロ(約13億円)を費やし昨季2部で得点ランク上位のボルハ・イグレシアスを獲得してはいる。元ベネズエラ代表の右SBロサレスもレンタルで獲得した。

 が、一方でエースのヘラルド・モレノや左SBアーロン・マルティン、右SBマルク・ナバーロを売却しており、MFホセ・マヌエル・フラードやGKパウ・ロペスもチームを去っている。つまり、戦力は「どうしようもない」頃より、むしろ落ちている。

バルサの監督候補に挙がった男。

 ならば、この僅かな期間にエスパニョールに何が起きたのか。

 もう1人の新加入組、ジョアン・フランセスク・フェレール監督――通称ルビが素晴らしい手腕を振るっているのだ。

 ルビは昨季、年間予算では2部22チーム中18番目だったウエスカで1部昇格を成し遂げ脚光を浴びたが、頭角を現したのは初めて2部で監督を務めた2012-13シーズンだ。

 前年まで残留争いの常連だったジローナを昇格プレーオフ決勝戦まで導いたばかりか、その手段が「スコアはどうあれ1点でも多くとりにいく」パスサッカーだったため、バルサの監督候補にさえ挙げられた(実際2013-14シーズンは、故ビラノバとマルティーノのアシスタントコーチに就いている)。

 その後バジャドリーでも昇格プレーオフを経験。2015-16シーズンにはレバンテでリリーフ登板ながら1部デビューを果たすも、「昇格」や「残留」といった明瞭な目標をクリアできなかったため、即物的に評価を下すクラブやメディアからは軽んじられてきた。

【次ページ】 開幕前の見事なスピーチ。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

ジョゼップ・グアルディオラ
ジュアン・フランセスク・ファレー
エスパニョール

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ