ゴルフPRESSBACK NUMBER

畑岡奈紗は毎試合、優勝候補だ!
群雄割拠時代突入の米女子ツアー。

posted2018/10/24 07:00

 
畑岡奈紗は毎試合、優勝候補だ!群雄割拠時代突入の米女子ツアー。<Number Web> photograph by Shizuka Minami

日本人選手の最年少記録を次々と塗り替えている畑岡奈紗。優勝の常連にまで、あと一歩まで来ている!

text by

南しずか

南しずかShizuka Minami

PROFILE

photograph by

Shizuka Minami

 10月14日、韓国の仁川。「ハナバンク選手権」で畑岡奈紗は8位タイに入賞した。

 これで今季通算トップ10入り9回目である。本人も満足しているだろうと思いきや、試合後の畑岡は憮然としていた。

「トップ10より、勝ちたいので」

 優勝に届きそうで届かなった悔しさを押し殺して、報道陣の質問に淡々と答える。

「これが優勝に繋げられないっていうのは、まだ自分に何か足りないんだなあと」

 畑岡の言う「これ」は大会初日に単独首位発進したことである。2位に2打差の7アンダー。フェアウェイが広く、総距離6316ヤードという短めのコースで良いスタートを切った。ところが2日目はショットが、3日目はパットが安定せず、最終的にスコアを伸ばしきれなかった。

「やっぱり4日間を通して安定したプレーをできないと優勝には絡めないですから」

「毎大会、優勝してもおかしくない」

 たとえ「まだ自分に何か足りない」と本人がもどかしさを感じていても、年間賞金ランク6位の実力はベテラン記者のお墨付きである。

「“NASA”は毎大会、優勝してもおかしくないよ」

 同大会中にアメリカやイギリスのゴルフライターたちから筆者は何度もそう話しかけられた。

 ただし忘れてはいけないことがある。

 優勝候補は畑岡だけではないのである。

【次ページ】 トップ50選手全員が優勝候補!?

1 2 3 NEXT
畑岡奈紗
キム・セヨン
ミンジー・リー
アニカ・ソレンスタム

ゴルフの前後のコラム

ページトップ