マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

西村健太朗、15年間おつかれさま。
ガンコで一途な高3春の思い出。

posted2018/10/23 08:00

 
西村健太朗、15年間おつかれさま。ガンコで一途な高3春の思い出。<Number Web> photograph by Nanae Suzuki

西村健太朗は巨人で一途な15年間を過ごした。そのキャリアは、高校生の時の姿の延長線上にあった。

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph by

Nanae Suzuki

 10月に入って、各球団がいっせいに戦力外通告を発表する中、自ら現役引退を表明する選手が、今年はいつもよりとても多いのではないだろうか。

 中日・岩瀬仁紀、荒木雅博、広島・新井貴浩、西武・松井稼頭央、巨人・山口鉄也……一時代を築いた名物選手に人気者。記録にも記憶にも、両方に残るプロ野球選手らしい「レジェンド」の引退が多いからなのかもしれない。

 そんな中で、中日・浅尾拓也、巨人・西村健太朗……みんな、「アマチュアの快腕」だった頃に、ブルペンの全力投球をこの手で受けた投手たちだ。

「遠征のバスで『健太朗、唄ってみい!』言うても、ぜーったい唄いよらん。もう、テコでも唄いよらん。あんなガンコもの、見たことないけ」

 西村健太朗投手が広島・広陵高のエースだった頃、中井哲之監督があきれたような顔で、そんなことを教えてくださった。

「度胸つけさそう思うてさせるんですが、まあー、言うこと聞かん。ピッチングのほうも、ハラの据わった子じゃけ、あんまり悪うも言えんけど……」

 困ったような、うれしいような、あのときの中井監督の表情が忘れられない。

高校3年、センバツ前の思い出。

 西村健太朗投手3年春のセンバツの少し前。まだ“春”ともいえないような寒い日に、彼のピッチングを受けた。

 外はみぞれが降っていて、室内のブルペンでミットを構えたのを覚えている。

「アウトコースの低めに構えてください!」

 腰を下ろした最初の1球から、西村健太朗がきびしい注文をつけてきた。

 キーンと冷えた室内練習場の中だ。体もこわばって、そんなに自由もきかないだろうに……。

 いいよ、じゃあラインでな!

 ホームベースの端からさらにズラして、左バッターボックスのラインで構えた。

 来た……最初の1球から、構えたアウトローにピシャリ来た。

【次ページ】 「構えた所より外ならOKだからな!」

1 2 3 4 NEXT
西村健太朗
中井哲之
読売ジャイアンツ
広陵高校

プロ野球の前後のコラム

ページトップ