マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

西村健太朗、15年間おつかれさま。
ガンコで一途な高3春の思い出。 

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph byNanae Suzuki

posted2018/10/23 08:00

西村健太朗、15年間おつかれさま。ガンコで一途な高3春の思い出。<Number Web> photograph by Nanae Suzuki

西村健太朗は巨人で一途な15年間を過ごした。そのキャリアは、高校生の時の姿の延長線上にあった。

いかにも健太朗くんらしいキャリア。

 150キロ前後の速球も投げたが、必殺兵器のシュートと、鋭いスライダーで両サイドを出し入れする絶妙のコントロールを武器に、ジャイアンツの投手陣の一員として15年間。

 もうそんなに前になるのか……。

 470試合、752イニングと1/3を投げて、38勝34敗、セーブ81のホールド77。

 たしか右ヒジの手術もしたはずだが、その後の2012年には守護神として32セーブ、翌年は42セーブで「セーブ王」を獲得。通算防御率3.12は見事な数字だ。

 丸15年、ジャイアンツのユニフォームだけを身にまとい、ジャイアンツだけのマウンドを守って、この秋、身を退く。

 ジャイアンツに奉げたプロ野球生活。いかにも、健太朗くんらしい。

 おつかれさま、そして、引退おめでとうございます。

関連記事

BACK 1 2 3 4
西村健太朗
中井哲之
読売ジャイアンツ
広陵高校

プロ野球の前後の記事

ページトップ