サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

森保J結成3戦目でこの爽快感とは!
キャッチフレーズがいらない強さ。

posted2018/10/17 11:30

 
森保J結成3戦目でこの爽快感とは!キャッチフレーズがいらない強さ。<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

ホーム埼スタ開催とはいえ、撃破した相手はウルグアイである。森保一監督率いる日本は、期待感を大いに抱かせる。

text by

戸塚啓

戸塚啓Kei Totsuka

PROFILE

photograph by

Takuya Sugiyama

 この爽快感は何だろう!

 ウルグアイとはこれまでホームで6度対戦し、日本は一度しか勝ったことがない。唯一の勝利は22年前で(その試合でも、当時売出し中のアルバロ・レコバに振り回された)、'08年、'13年、'14年の対戦ではすべて敗れている。極東でのアウェイゲームでもしっかり勝利を持ち帰るのが、この南米の伝統国の強みである。

 今回は、違った。10月16日に埼玉スタジアムで実現した一戦で、日本はウルグアイを4対3で下したのである。

 ウルグアイは本気だった。10分の先制弾で、日本がウルグアイを本気にさせた。

 2列目の左サイドで先発した中島翔哉が、低く速い斜めのパスをペナルティエリアへ通す。受け手となった南野拓実はファーストタッチでターンしつつマークを振り払い、右足でねじ込んだ。パナマ戦に続いてトップ下に入った23歳は、森保一監督のチーム結成後3試合連続ゴールである。

大迫、中島が流れを引き戻す。

 12日に韓国に敗れていたウルグアイは、28分に右FKから同点に持ち込む。しかしここでまた、日本がリードを奪う。

 36分だった。2列目右サイドで先発した堂安律が、ペナルティアーク付近の中島へパスをつなぐ。背番号10は細かなタッチからシュートへ持ち込み、GKムスレラが弾いたボールを大迫勇也が蹴り込んだ。20分に決定機を逃していたエースストライカーの、面目躍如の一撃である。

 2対1で迎えた後半開始直後は、ウルグアイに押し込まれた。開始早々に決定的なヘッドを許し、直後の左CKでもフリーでシュートを許した。51分にも吉田麻也が自陣でボールを奪われ、カバーニに至近距離からヘッドで狙われた。

 ウルグアイが攻撃のギアを上げているなかで、中島が存在感を放つ。52分、54分とムスレラを急襲するシュートを放ち、試合の流れを引き戻すのだ。

【次ページ】 ミスしても主導権を失わず。

1 2 3 4 NEXT
森保一
中島翔哉
南野拓実
堂安律
長友佑都
酒井宏樹
大迫勇也

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ