サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

「拓実、翔哉、律……勢いあるね」
原口元気がライバルを称えた理由。 

text by

ミムラユウスケ

ミムラユウスケYusuke Mimura

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2018/10/18 17:00

「拓実、翔哉、律……勢いあるね」原口元気がライバルを称えた理由。<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

ウルグアイ戦では中島翔哉に代わっての途中出場だった原口元気。それでも表情からは余裕を感じる。

「俺は凄くワクワクしている」

 ロシアW杯の後に初めて代表に参加するまでの間に、そうやって頭のなかが整理されたからこそ、目の前で若い選手たちが牙をむいて躍動する姿を見て、こう感じずにはいられなかった。

「ロシアW杯が終わった時点で、こんな状況になることを想像していなかったでしょう? 俺もビックリしているから。森保さんが監督になって3試合で、スーパーな活躍をする若い選手たちが次々と出てきた。

 W杯で試合に出ていた選手たちがなんとなく試合に出続けるよりも、日本サッカーにとってよっぽど楽しいと思う。俺はこの状況に凄くワクワクしているからね」

 原口が若い選手たちの活躍を手放しで喜んだのは、これまでの実績は一度脇に置いて、これからまた命をかけて勝ち取っていくべき目標があるからだ。

「これから先は苦しい試合も来るだろうし、そのときに助けられるように俺はやるだけ。みんなには勢いもあるけど、俺は負けるつもりはないからね。むしろ、彼らとポジションを争えるくらいのほうが楽しくて、この状況を本当に歓迎しているから。その方が面白いでしょう? こういう状況の方が俺は燃えるからね」

 原口はそう言って、少し表情を崩した。

 若きライバルたちを前に、大人を気取るつもりもない。かといって、焦るわけでもない。ポジションを勝ち取るために、全力で戦っていける環境があることに胸を高鳴らせている。

 だからウルグアイ戦での若い選手たちの活躍を、心から喜んでいたのである。

関連記事

BACK 1 2 3
原口元気
南野拓実
中島翔哉
堂安律
ハノーファー

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ