プロ野球亭日乗BACK NUMBER

絶妙な高橋采配で巨人がヤクルト撃破!
第1ステージ突破を導いたある盗塁。 

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2018/10/15 12:50

絶妙な高橋采配で巨人がヤクルト撃破!第1ステージ突破を導いたある盗塁。<Number Web> photograph by Kyodo News

CSファイナルステージでは“タナキクマル”の1人である実兄・田中広輔との対戦も楽しみな田中俊太。繋げるバッティングで4歳上の兄を追う!

岡本の犠飛のおかげで盗塁が生きた。

 結局、この盗塁から1回の攻撃で巨人は先制点を奪うのだが、その裏にはもう1つのカギがあった。

 実は二盗を決めた田中がマギーの右越え二塁打で打球の行方を間違えて生還できないという走塁ミスを犯している。しかし1死二、三塁から4番の岡本和真内野手がきっちり右犠飛を打ち上げて田中をホームに迎え入れている。

「あそこで点が入っていなければ、盗塁の意味も半減していたけど、岡本が犠飛を打って先制点を奪ったことで生きたと思います」

 井端コーチは指摘していた。

高橋采配が冴え渡る!

「思い切った。俊太の思い切りが出たね」

 その場面をこう振り返ったのは高橋由伸監督だ。

 前回のこのコラムで書いたように、辞任を発表してからの高橋采配は、憑き物がとれたように積極的になっている。

 初回のこの田中の盗塁に始まり、勝負を決めた1点リードの7回の攻撃では、無死一塁から陽がエンドランを決めて貴重な追加点をもぎ取った。

 投手交代でも、好投していた先発の今村信貴投手が坂口に二塁打を打たれると、5回2死から上原浩治投手にスパッとスイッチ。

 その上原が山田を空振り三振に仕留めると、回またぎの6回も三者凡退に抑えてヤクルトに傾きかけた試合の流れを完全に断ち切った。

 結局、天敵小川を攻略して初戦を取ったこと、初回に田中があの盗塁を決めた瞬間が、ファーストステージ突破の最大のポイントだったのである。

【次ページ】 「高橋監督と1日でも長く野球が」

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

読売ジャイアンツ
田中俊太
菅野智之
高橋由伸
井端弘和
小林誠司
山田哲人
東京ヤクルトスワローズ

プロ野球の前後のコラム

ページトップ