ハマ街ダイアリーBACK NUMBER

ラミレス監督だから4位になれた?
DeNAが悩んだケガ人、先発、打順。

posted2018/10/15 16:30

 
ラミレス監督だから4位になれた?DeNAが悩んだケガ人、先発、打順。<Number Web> photograph by Kyodo News

ラミレス監督の就任3年目の今季は67勝74敗2分。3位巨人とは1.5ゲーム差だった。

text by

石塚隆

石塚隆Takashi Ishizuka

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 3年ぶりにAクラス入りを逸した神宮球場の夜。ゲーム後、グランドに出てきたラミレス監督をはじめ横浜DeNAベイスターズの面々は、レフトスタンドと三塁側に陣取ったファンに向かい一礼をした。

 万雷の拍手。厳しい野次を発するファンはほとんどおらず、熱い叱咤激励が渦を巻く。指揮官は笑顔なき表情で右手を上げファンに応えると、クラブハウスへ向かう通路で報道陣に囲まれた。

 その脇を戦いを終え疲労の色を濃くした選手たちが通り過ぎていく。筒香嘉智は厳しい表情を見せ、山崎康晃は悔しさを露わにしている。選手それぞれが、この現実を受け止めていた。過去2年、到達できた場所に今季は足を踏み入れることすらできない。

先発の不調とケガ人の多さ。

「いろんなことがあったよね……」

 青山道雄ヘッドコーチが通路で足を止め、無念をにじませる。

「今となってはあの1勝が、あの1点がという部分もあり、正直なところもっとやれたのではないかという思いはあります。ただ我々は結果が商売だから、しっかりとこの現実を受け止めなくちゃいけない。この1年、勉強をしたということで来年につなげていくしかない」

 率直にBクラスに落ちた要因を問うと、青山ヘッドは多くの出来事があったが、特に「先発ピッチャーの不調とケガ人の多さ」だと答えた。誰もが納得する理由だろう。昨季、二桁勝利を挙げた今永昇太、濱口遥大、ウィーランドは合わせて12勝しかできず、2年連続開幕戦に登板しエースに指名された石田健大も中継ぎにまわるなど最後まで期待に応えることはできなかった。

 またシーズン途中にはロペスをはじめ、梶谷隆幸、神里和毅らが怪我で戦線を離脱。昨季の躍進の一番の要因をラミレス監督は「ケガ人が少なかったことだ」と語っていたが、今シーズンはケガ人に苦しめられた。それに付随するかのように打撃陣の不振は深刻なものだった。

【次ページ】 ロペス、筒香、宮崎、ソト以外が。

1 2 3 NEXT
アレックス・ラミレス
横浜DeNAベイスターズ
筒香嘉智

プロ野球の前後のコラム

ページトップ