バレーボールPRESSBACK NUMBER

バレー古賀紗理那の悩みを払拭した
母からの「カッコよかった」とは。 

text by

田中夕子

田中夕子Yuko Tanaka

PROFILE

photograph byNaoki Morita/AFLO SPORT

posted2018/10/04 08:00

バレー古賀紗理那の悩みを払拭した母からの「カッコよかった」とは。<Number Web> photograph by Naoki Morita/AFLO SPORT

世界選手権で存在感を放っている古賀紗理那。中田久美監督率いる全日本の主力の1人だ。

絶対、決めてやっからなって。

 世界選手権が始まってからもサーブレシーブやディグ、チャンスボールは突いて返すのではなく少し高く上げる。その間を使ってしっかり助走して踏み込み、一番高い、腕を振り切れる位置で力を乗せてボールを叩く。

 地道に取り組んだ練習と、意識改革の成果が世界選手権では随所で現れた。

 2次ラウンド進出に向けた大一番となった9月30日のオランダ戦。試合はフルセットの末に敗れたが、第1セットを落とした後の第2セットは12-9からストレート、クロス、ブロックの間とさまざまなパターンで打ち分ける古賀のスパイクで4連続得点。一喜一憂することなく堂々とした姿は、エースとしての風格を漂わせた。

「ちょっとずつですけど、試合中に『持ってきて下さい』って言えるようになってきたので、もっと自信を持って、どんな状況でもそう言えるようになりたいし、大事な1点を決める存在になりたい。全部安定したプレーができて、プラス、勝負所でガツンとギアを上げる。

 それが自分の中では一番の理想だから、今はまだ『私がエースだ』とは言えないかもしれないけれど、でも、誰にも負けたくない、って常に思うようになって。もう悔しい思いは絶対したくない。だから試合はもちろんですけど、AB戦でもずっと思っていたんです。『絶対、決めてやっからな』って」

 力強さと、逞しさを備え、壁を乗り越える。私がエースだ、と胸を張るために。

関連記事

BACK 1 2 3 4
古賀紗理那

バレーボールの前後の記事

ページトップ