日々是バスケBACK NUMBER

渡邊雄太が次に進む道はどこ?
目指すべきNBAと日本代表の試合。 

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2018/07/21 08:00

渡邊雄太が次に進む道はどこ?目指すべきNBAと日本代表の試合。<Number Web> photograph by Getty Images

ネッツの一員としてサマーリーグに出場した時の渡邊雄太。NBAと同時に、日本代表に参加できるかも気になるところだ。

あとは、もう少し身体を鍛えるべき。

 今後、ネッツ以外のチームから、よりいいオファーが来る可能性もある。たとえば、渡邊がドラフト前のワークアウトを行った8チームのうちのひとつ、フェニックス・サンズの新ヘッドコーチ、イゴー・ココスコフも、渡邊の将来性を買っている1人だ。渡邊のことを「将来的にこのリーグ(NBA)でやれる選手」と評価する。サマーリーグでの試合は見ていないと断ったうえで、そのための課題にディフェンスをあげた。

 ココスコフHCは言う。

「彼はとても賢い選手だから、とてもいいチーム・ディフェンダーになれると思う。ただ、身体をもう少し鍛えることだ」

 スミスも、サマーリーグが始まってから、ネッツだけでなく、多くのNBAチーム関係者から、渡邊はNBAでやれる可能性がある選手だと言われたという。

「いい選手になるチャンスがあると言われる。ナンバーワンプレイヤーというわけではないけれど、でもこのまま成長すれば、チャンスがあると言われている。

 今後、必要なのは身体(を強くすること)。みんな、他の面はすべてを気に入ってくれているので。シューティングも、メンタル面もいいと言われる。でも、身体(の強さ)はもう少し向上させなくてはいけないと」

日本代表の2次予選に参加したいが。

 NBAに向けての挑戦と並んで、渡邊が気になっているのが日本代表だ。FIBAワールドカップアジア1次予選は大学のシーズン中だったり、サマーリーグに向けた準備期間だったりしたために1試合も参加できなかったが、6月29日に日本がオーストラリア相手に歴史的な勝利をあげた試合は、スタッツで追いかけながら応援していた。

「彼ら(代表選手たち)がすごく頑張ってくれているので、自分も負けていられないっていう気持ちになった」と渡邊は言う。

 それだけに、2次予選最初の2試合となる9月13、17日の試合には出場したいと熱望する。タイミング的には、NBAのトレーニングキャンプが始まる直前。ぎりぎり間に合う、はずだった。

 ただここにきて、ひとつ問題が浮上してきた。ネッツは9月上旬からトレーニングキャンプまでの間、未契約の選手や若手選手を集めてミニキャンプを行う予定なのだ。チーム側は代表活動参加に理解を示しており、ミニキャンプ自体、強制参加ではないのだが、一方で、ミニキャンプに参加するかどうかで生き残り競争に影響する可能性も否定できず、そこが気がかりだ。

【次ページ】 「ルーキーの場合は状況が違う」

BACK 1 2 3 4 5 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

渡邊雄太

バスケットボールの前後のコラム

ページトップ