日々是バスケBACK NUMBER

渡邊雄太が次に進む道はどこ?
目指すべきNBAと日本代表の試合。 

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2018/07/21 08:00

渡邊雄太が次に進む道はどこ?目指すべきNBAと日本代表の試合。<Number Web> photograph by Getty Images

ネッツの一員としてサマーリーグに出場した時の渡邊雄太。NBAと同時に、日本代表に参加できるかも気になるところだ。

ネッツを選んだ2つの理由とは。

 サマーリーグを終えた渡邊が、この後進む道は現実的にどこになるのだろうか?

 渡邊の代理人、ジョー・スミスによると、複数のチームからサマーリーグのチームへの勧誘があったなかからネッツを選んだのは、いくつか理由があった。

 ひとつにはネッツの今年のドラフト指名選手が2人ともサマーリーグに出る可能性が低かったこと。サイズが渡邊とほぼ同じ2人なので、揃ってサマーリーグに出ていたら、渡邊の出番は確実に減っていた。サマーリーグでは、試合に出て自分の実力を見せないことには始まらないのだ。

 もうひとつの理由は、渡邊に対してほかのどのチームより熱心に勧誘し、単にサマーリーグ選手としてだけでなく、その先まで考えて評価してくれていたからだった。

「ネッツが彼のことを一番気に入ってくれていて、将来に向けての考えがある中で興味を示してくれていた。サマーリーグのチームだけのために彼に興味を示したのではなかった」とスミス。

海外選手を積極的に発掘する傾向が。

 しかも、ネッツの現GMはサンアントニオ・スパーズで選手やアシスタントコーチ、フロントを経験したショーン・マルクス。彼自身もニュージーランド出身で、スパーズのように海外の選手を積極的に発掘し、独自のカルチャーを築こうとしている。それは、渡邊にとっても適した環境だというのだ。

「ネッツはユウタにとって、とにかくいい場所なんだ。フロント・オフィスのスタッフの多くはスパーズから来ていて、だから彼(渡邊)にも向いている」

 今シーズンのネッツ・ロスター入りは、今のところ現実的ではない。7月17日時点で、すでにロスター枠15人のうち14人が契約済みで、15人目の選手とも契約に合意したと伝えられている。

 可能性があるのは、9月下旬から始まるネッツのトレーニングキャンプに参加し、15人枠に入らない2ウェイ契約(傘下のGリーグに籍を置きながら、シーズン通算45日までNBAチームに招集できる契約)を勝ち取るか、あるいは、ネッツのアフィリエイト・プレイヤーとして、Gリーグ・ドラフトを経ることなく、傘下のロングアイランド・ネッツのロスター入りすることだ。どちらにしても、Gリーグで経験を積み、将来的に正ロスター入りを目指す。

【次ページ】 あとは、もう少し身体を鍛えるべき。

BACK 1 2 3 4 5 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

渡邊雄太

バスケットボールの前後のコラム

ページトップ