バレーボールPRESSBACK NUMBER

日本女子バレー若きエース候補。
黒後愛が“黒後愛”の殻を破るとき。
 

text by

田中夕子

田中夕子Yuko Tanaka

PROFILE

photograph byShigeki Yamamoto

posted2018/07/10 16:30

日本女子バレー若きエース候補。黒後愛が“黒後愛”の殻を破るとき。<Number Web> photograph by Shigeki Yamamoto

シニア代表の本格的なスタートとなった今季。ネーションズリーグで黒後は中盤以降の試合でほぼフル出場を果たした。

「私は世界が相手のほうがいい」

 オランダ戦以後、9試合中7試合にスタメン出場し、少しずつ持ち味も発揮できるようになってきた。そうなれば、当然ながら「もっとこうしたい」と欲も出る。今は攻撃面での役割を果たすことが求められるが、本来はディフェンスが得意でレセプションに入ったほうがリズムをつくりやすく、ジャンプフローターサーブに対するオーバーハンドのレセプションも自信がある。

「今のチーム方針だと私がサーブレシーブに入るケースはほとんどないけれど、周りの状況が悪ければ入ることもある。だからそういう時は限られたチャンスをめいっぱい生かしたいし、できるなら100%返したい。そうすれば、私にも任せてもらえる可能性が増えると思うので」

 パスもして、サーブでもスパイクでも点を取って、バックアタックも積極的に入りたい。伏し目がちになることも、天井を見上げることもなく、目を輝かせて語る、黒後愛のこれから――。

「日本人同士だとすごく細かいところまで戦術を立てて、ものすごく頭を使わないといけないじゃないですか。だから、私は世界が相手のほうがいい。常に高さとパワーで、どうだっていう感じで真正面から戦ってくるから海外との試合のほうが楽しいです」

「沙織さんは憧れだから恐れ多い」けど。

 世界と戦うエースとして期待がかかればかかるほど、常について回るのが、同じポジションを務めた木村沙織の名前だ。誰の代わりでもない。自分は自分だと胸を張ればいいのだが、「沙織さんは憧れだから恐れ多い」と笑いながら、黒後はこう言う。

「木村沙織の後継者とか、木村沙織二世とか、そう言ってもらえることはありがたいです。でも沙織さんは本当にすごいって、今、自分がここに立って改めて思うし、一生近づけないですよね。世界との差は測ることができても、沙織さんとのラインはわからない。だから、どうしたら“木村沙織の後継者”って言われなくなるのかな。たぶん、結果を出すことでしかそうなれないと思うので、いい成績を残したい。バレーボールを、もっともっと頑張ります」

 後を歩く必要などない。胸を張って、日本のエースだ、と言える。そんな日はそう遠くないはずだ。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

黒後愛
木村沙織

バレーボールの前後のコラム

ページトップ