ロシアW杯PRESSBACK NUMBER

ベルギー黄金時代を築いた10年間。
攻撃陣は世界トップ、つけいる隙は? 

text by

粕谷秀樹

粕谷秀樹Hideki Kasuya

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2018/07/02 12:00

ベルギー黄金時代を築いた10年間。攻撃陣は世界トップ、つけいる隙は?<Number Web> photograph by Getty Images

ベルギー代表選手全員と日本代表全員の合計年俸を比べると10倍もの差があると言われるが……果たして実力ではどれほどの差があるか。

ベルギーの強みは北京五輪から10年の絆。

 コンパニ、ベルトンゲン、フェライニが北京オリンピックから10年にも及ぶ信頼関係を築いてきた事実でも分かるように、人を理解し、尊重する心根の優しさこそが、ベルギーのストロングポイントなのかもしれない。

 本稿を執筆している時点で、ベルギー対日本戦はまだ始まっていない。それでも一部のメディアは「準々決勝でブラジルと対戦濃厚」と煽り、マルティネス監督にもラウンド・オブ16を無視したような質問が飛んでいた。

「いまは日本戦にフォーカスしている」

 礼を欠いているのではないかといわんばかりに、指揮官はひとりの記者を一瞥した。

 GKティボー・クルトワも、「日本は戦術、技術に優れた強国だ。なかでもシンジ・オカザキは油断ならない」と気を引き締め、一戦必勝態勢を改めて強調していた。

 情報を規制していたとしても、ベルギー国内の楽観ムードは選手たちの耳に入る。心理状態に影響を及ぼしかねないのだから、マルティネス監督とクルトワの対応は賢明だった。

フランスやブラジルが相手だと大量失点も!?

 日本を破ってベスト8に進んだと仮定すると、ブラジルとの対戦が有力だ。準決勝はフランスか。

 いずれにせよ世界にその名を轟かせるフットボール大国で、実績でもベルギーを大きくしのぐ。グループステージのようにはうまくいかない。では、どのように闘えばいいのだろうか。

 もう一度、守りのプランを練り上げる必要がある。

 ルカク、E・アザール、ケビン・デブライネ、ヤニック・カラスコ、ドリース・メルテンスを同時に起用しているため、中盤ではビツェルにかかる負担が大きくなりすぎている。

 デブライネはもう少し、相手ボールになった際の対応に気を配らなくてはならない。E・アザールが中央に入りすぎて左サイドが手薄になり、カラスコが数的不利になるケースも散見した。

 フランスやブラジルを相手にした場合、大量失点の恐れもある。

【次ページ】 攻撃は申し分ないが守備には不安が残る。

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

ヤン・ベルトンゲン
バンサン・コンパニ
アクセル・ビツェル
エデン・アザール
ロメル・ルカク
マルアン・フェライニ
ロベルト・マルティネス
ティボー・クルトワ
ケビン・デブライネ
ヤニック・カラスコ
ティアリ・アンリ
ロシアW杯
ワールドカップ

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ