バレーボールPRESSBACK NUMBER

柳田将洋が明かすプロ転身の理由。
「社員時代は先が見え過ぎていて」 

text by

了戒美子

了戒美子Yoshiko Ryokai

PROFILE

photograph byAFLO

posted2018/03/31 17:00

柳田将洋が明かすプロ転身の理由。「社員時代は先が見え過ぎていて」<Number Web> photograph by AFLO

柳田将洋はドイツ挑戦1年目を楽しそうに過ごしている。キャプテンを任された事もあり、一人称も「オレ」に変わったという。

テーマはバレーボールで子供達に夢を。

――例えば、最近始まったバスケットボールのBリーグなどのようにプロリーグ化すべきだと思います?

「僕が僕の目線でいうと、子供が夢をもてるのかどうかが、大事だなと。絶対それは今の僕の意識ではとても大事なことで、それだけなんですけど。いろいろ方法はあると思うんですよね、少しずつ変えていくというのであれば余計に。とても難しいことではあると思います」

――テーマはやっぱり子供達には夢を、ですね。

「はい。バレーボールがもっと子供達の目に入る、手に取れるような、手軽にとは言わないですけど、情報が多い競技にしたいと思います」

――バレーで食っていけるよ、ということも伝えたいのでは?

「食っていけるという現実面よりは、バレーってこんなに面白いんだよとか、バレーってこんなにいろんな人が見てて、こんな大きなところでやれてっていうのを見せていくのがまず夢です。

 ここでやりたいという場所を見せることが大事だと思う。そこでやるために頑張ろうという気持ちになってもらいたいですね。僕自身は選手目線なので、やっぱり僕も大きい舞台でやりたいと」

 数カ月前、初めて取材に訪れたときのこと。普段はサッカーを取材しておりバレーには詳しくないだのと、自己紹介ついでに色々と言い訳を連ねた筆者に対し、柳田はこう言った。

「ご興味を持っていただきありがとうございます」

 新鮮に響いたその言葉の意味が、インタビューを通してあらためて分かる気がした。

 バレーボールに、子供達に夢を。そんなシンプルだが本質的なテーマを掲げ、柳田は日々戦っている。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4 5 6

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

柳田将洋
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

バレーボールの前後のコラム

ページトップ