バレーボールPRESSBACK NUMBER

柳田将洋が明かすプロ転身の理由。
「社員時代は先が見え過ぎていて」 

text by

了戒美子

了戒美子Yoshiko Ryokai

PROFILE

photograph byAFLO

posted2018/03/31 17:00

柳田将洋が明かすプロ転身の理由。「社員時代は先が見え過ぎていて」<Number Web> photograph by AFLO

柳田将洋はドイツ挑戦1年目を楽しそうに過ごしている。キャプテンを任された事もあり、一人称も「オレ」に変わったという。

柳田を支える「自分はプロだ」という言葉。

――実際プロとして踏み出してみて、自分への厳しさが増すような感じですか?

「厳しいという言葉では表現できないけど、危機感は余計に感じるようになりました。具体的には来年のチームを見つけるためにとか、来年の代表のためにとか。数字(成績)をこう見られてるから、こうしなきゃとか。

 そういう危機感が社員のときよりはっきり見えてるし、そこにむかって目標を立てやすい、というのはあります」

――とはいえドイツリーグ自体も、ビゾンスというチームも、日本の実業団の方がレベルが高いことが多々ありますよね。その中で、自分自身をどう向上させていこうと思って日々取り組んでいるのですか?

「自分はプロだ、自分はプロなんだと思ってやってます。ただそう思って。自分は誰なんだ、どういう存在なんだ、どうしてお前はプロになったんだ、っていうのを自分に言うしかない。ウェイトトレーニングでも、誰かがダラダラやってても俺は俺だっていう。

 ここでやらなかったら帰った時どうなるんだ、っていうのを思うと、やっぱりプレッシャーになるじゃないですか。それは自分を動かしてくれるエネルギーですし、僕にとっては絶対に必要なことです」

――自ら発破をかけ続けるのは大変そうです。

「でもそういう状況になるのはしょっちゅうではないので。もちろん僕はバレーボールが好きですし、そのために重いものを持つと(負荷がかかると)頑張れるタイプの人間なので。でもたまに来るその波に対して妥協せずにやるためには、『自分はプロなんだ』っていうワードです」

――3月4日ドイツ杯決勝フリードリヒスハーフェン戦、試合は完敗でしたが、柳田選手はMVPに輝きました。

「観客投票で一番投票されたらしいです。ちゃんと表彰されたんですよ。びっくりしました、負けたのにもらっていいのかなって」

――そういう、客観的であったり、数字に出る評価は海外では特に大事ですよね。

「大事だと思います。ああやって人に評価されたこと自体がまた評価されたりするので。ここにきて思うのは、代表で何年かプレーしてますけど、いかに自分が過大評価されてきたか、です。

 例えば去年グラチャンという大会がありましたけど、本来日本は、あんな舞台に出られないレベルなんですよ。僕自身も日本ではある程度プレーできてたけれど、こっちにくると個の能力がすごい選手もいれば、チームとしても勝ったり負けたりして。本当に日々そういうことを感じます。海外に出ることはすごく良いと思います」

――個人としての実力がさらされる感じですか?

「日本にいると代表で勘違いしちゃうんですよ。毎年国際大会があって、強いチームにトライできるので。でも、イコール自分たちが強いのかと言ったら違う。勝たないと、トライしてるだけで終わりですよね。

 そこで勝てるチームになるためには、現在地を知ることが重要で、こっちにきたら、それがかなりわかると思うんです。世界という市場で自分がどの位置にいるか。例えば首位チームの選手の評価ってすごい高いですよね。そういうのに比べたら今、自分の評価はとても低い」

【次ページ】 日本では井の中のカワズだった。

BACK 1 2 3 4 5 6 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

柳田将洋
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

バレーボールの前後のコラム

ページトップ