サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

マリ戦のままではW杯本番は黄信号!
攻撃の手詰まり感、デュエルで消耗。 

text by

戸塚啓

戸塚啓Kei Totsuka

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2018/03/24 11:30

マリ戦のままではW杯本番は黄信号!攻撃の手詰まり感、デュエルで消耗。<Number Web> photograph by Getty Images

日本は後半ロスタイムに中島翔哉のゴールでかろうじて1-1の同点に追いついた。

オーストラリア戦後、内容ある勝利がない。

 あくまでも現時点の段階では、ハリルホジッチ監督が就任から示してきた「縦に速いサッカー」は、W杯で勝利するための最善策と成り得ていないのである。日本人の武器を封印し、苦手なもので勝負を挑んでいる印象が強い。

 3月のテストマッチが終われば、次はもう5月末まで活動がない。振り返れば、昨年8月31日に埼玉スタジアムでオーストラリアを下して以降、日本は内容の伴った勝利をつかんでいない。

 そもそも勝ったのは10月のニュージーランド戦だけで、北中米カリブ海地区のW杯予選で敗れたハイチとも引き分けている。あのオーストラリア戦から、日本は足踏みを続けているのだ。

 それだけに、27日のウクライナ戦は重要な意味を持つ。ここでまた収穫のないゲームをしてしまうと、チームの未来を映すシグナルは黄色から赤へ変わる。

僕らは本田圭佑を待っている。

Sports Graphic Number 948

僕らは本田圭佑を待っている。

 

関連記事

BACK 1 2 3 4
ヴァイッド・ハリルホジッチ
中島翔哉
宇賀神友弥
槙野智章
大島僚太
森岡亮太
長谷部誠
本田圭佑
ロシアW杯
ワールドカップ

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ