“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

17歳CBは予定通りのJ1デビュー!?
名古屋・菅原由勢は何者なのか。 

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph byTakahito Ando

posted2018/03/14 17:30

17歳CBは予定通りのJ1デビュー!?名古屋・菅原由勢は何者なのか。<Number Web> photograph by Takahito Ando

J1でスタメンフル出場を続ける菅原由勢。緊張だけでなく「楽しめました」というコメントも。

世界で戦うための武器を磨き続ける。

 筆者が取材に行ったJ1第3節のアウェー・湘南ベルマーレ戦でもスタメン出場を果たした菅原。

 湘南の前線からの激しいプレスに対してもまったく顔色を変えること無く、常にピッチ全体を見渡しながら守備のバランスを取っていた。

 U-17W杯が終わってからも、「全体練習の終わりにずっと自主トレしていた。キックは得意だし、上の世界を考えたらもっとこの武器を磨かないと通用しないことも分かっていますんで」とずっと練習し続けてきたあの縦パスも、効果的に打ち込めていた。

 55分にはCBコンビを組むホーシャが負傷退場するアクシデントもあったが、代わりに入った櫛引一紀とのコンビもスムーズにこなし、試合こそドローに終わったが無失点に貢献。チームも3試合連続負け無しの2勝1分けと好調をキープできた。

「34試合ある中では、こういう試合もあると思う。負けなかったことが大きな収穫だと思います。

 相手のハイプレスはキツいとは思いましたが、逃げ道と言うか、前線のジョー選手だったり、ボランチの小林(裕紀)選手は外す動きが上手いですから。

 でも、ただボールを預けるだけじゃなくて、預けたときにもう一回自分が動いてパスコースになってあげることができれば、プレスに来た相手も迷うと思った。

 CBの相手が変わっても全然問題なかったです。もちろんホーシャ選手ともしっかりとコミュニケーションは取れていますが、櫛引選手とも細かく具体的に改善策を出すことができましたし。今は毎試合僕にとって新しい課題が見つかると言うか、ひとつひとつの課題に自分がしっかりと向き合えていると思います」

「今からテスト勉強をしないと(笑)」

 菅原由勢はこれからも言われ続けるだろう――「十代の選手とは思えない」と。

 でも、やっぱり彼はまだ17歳なのだ。

 大人びた言葉の合間にも、ちゃんと年相応の言葉を残す。

 湘南戦のミックスゾーンで話した最後の言葉は、こんな感じだった。

「明日はテストがあって、今からテスト勉強をしないといけないんですよ(笑)。でもそれは学生の『使命』なので(笑)。それを楽しむと言うか、上手く要領よく考えているので、そんなにキツいとは感じません。自分が好きなことをやっているんですから」

この記事の全文は「Number PREMIER」でお読みいただけます。
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
甦る死闘。 True Stories of 2023. - Number1086号 <表紙> 大谷翔平

Sports Graphic Number 1086
甦る死闘。
True Stories of 2023.

2023年12月7日発売
800円(税込)

Amazonで購入する

BACK 1 2 3 4 5
菅原由勢
名古屋グランパス
森山佳郎
高田哲也
風間八宏

Jリーグの前後の記事

ページトップ