Jをめぐる冒険BACK NUMBER

羽生直剛が語る引退とサッカー人生。
子どもに渡した「ごめんね」の手紙。 

text by

飯尾篤史

飯尾篤史Atsushi Iio

PROFILE

photograph byKiichi Matsumoto

posted2018/03/09 08:00

羽生直剛が語る引退とサッカー人生。子どもに渡した「ごめんね」の手紙。<Number Web> photograph by Kiichi Matsumoto

ユニホーム姿からスーツに着替え、FC東京の一員として働く羽生。引退後も、サッカーに携わり続けていく。

サッカーって本当に正解がないな、と。

――監督の掲げるスタイルと自分のキャラクターを見定めて、自分の立ち位置を見つけるのが上手かった。

「そうですね。それに、いろいろな監督のサッカー観に触れて、サッカーって本当に正解がないな、ということを学びました。繋ぐことが好きな人もいるけれど、繋ぐことがすべてじゃないし、守備がサッカーのベースだって言う人もいるけど、攻撃が最大の防御だと言う人もいる。

 たとえ自分のサッカー観と違っても、監督の言うことをまずやってみたら、見えてくるものもある。もともと決めつける性格じゃないけれど、色々な選択肢もあるんじゃないかなって。スタイルうんぬんではなく、そのサッカーに対してまとまっているチーム、腹をくくっているチームが強いんだなって。そういうふうに、いろいろと考えて、経験してきたことが自分の財産なんだと思います」

――やっぱりファン・サポーターが一番気になるのは、オシムさんのことだと思うんですけど、羽生さんにとってオシムさんは、どんな方でした?

「偉大な方なのは間違いないんですけれど、最近は、出会えたことが自分にとって本当に幸せなことだったのか、分からなくなってきたというか……(苦笑)」

 羽生にとって大きな存在であるはずのオシム氏について、なぜこう表現したのか? その恩師への想いは後編で凝縮する。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
羽生直剛
FC東京
ジェフユナイテッド千葉
ヴァンフォーレ甲府
フアン・エスナイデル
イビチャ・オシム
ランコ・ポポヴィッチ
城福浩
石川直宏
マッシモ・フィッカデンティ

Jリーグの前後の記事

ページトップ