藤田俊哉の日欧蹴球比較論BACK NUMBER

藤田俊哉が見た期待の海外組5人。
小林祐、森岡、南野、堂安、奥川。 

text by

藤田俊哉

藤田俊哉Toshiya Fujita

PROFILE

photograph byToshiya Fujita

posted2018/01/03 17:00

藤田俊哉が見た期待の海外組5人。小林祐、森岡、南野、堂安、奥川。<Number Web> photograph by Toshiya Fujita

リーズでの業務に携わる傍ら、藤田氏は海外組のプレーにも目を光らせている。

南野、奥川、堂安もそれぞれのクラブで成長中。

 他にもザルツブルク(オーストリア)の南野拓実は4シーズン目を迎えた実績と得点力を持つ。またザルツブルクからマッタースブルクにレンタル中の奥川雅也も高いポテンシャルを備えていて、個人的には今一番の注目選手だ。

 彼はボールを持った際の置き所が良く、独特のリズムでプレーできる。相手が予想できない展開を生み出せる感覚に加え、ボールコントロールとしなやかなステップワークがあるので、ゴール前で決定機を作り出せる。継続した活躍で先発出場を続け、さらに評価をあげてほしい。

 U-20W杯で活躍しこの夏にフローニンゲン(オランダ)へ移籍した堂安律には、日本対ブラジル戦が行われたリールのスタジアムで会った。身長は高くないが、ガッチリとした迫力ある体格になっていることに驚いた。日々のトレーニング効果だけでなく、タフな試合をこなすなかで鍛えられていると感じた。リーグ戦でのゴールも増えてきているので、ケガなくプレーし続けて、さらに量産してほしい。

 彼本来のシャープな動きを保ち、ゲームでの駆け引きに慣れてくれば、大柄なオランダ人ディフェンダーにステップワークとボディコンタクトの両方で勝り、もっと活躍できるだろう。彼の明るい性格もポジティブなポイントといえる。

慌てる気持ちを抑えながら積み重ねを。

 このように今後が楽しみな選手は確実に増えている。若くして海外で実績を持つ選手がいることは、今後の日本サッカーにとって大きなアドバンテージ。海外でも日本と同じような感覚でプレーするためには、それなりの時間が必要となる。

 慌てる気持ちを抑えながら、ひとつひとつを積み重ねて行くことが大切だ。もちろん語学の勉強もそうだが、若いときからそのような意識、感覚を持って成長して行けば、その後の行動は自ずと変化する。

 若い選手たちの台頭は日本サッカーの将来を明るくしてくれる。それは大きな可能性につながるだろう。

関連記事

BACK 1 2 3
藤田俊哉
小林祐希
森岡亮太
南野拓実
堂安律
奥川雅也

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ