JリーグPRESSBACK NUMBER

川崎優勝を象徴する最後の5点目。
「甘い」と言われても貫いた攻撃姿勢。 

text by

いしかわごう

いしかわごうGo Ishikawa

PROFILE

photograph byAsami Enomoto

posted2017/12/04 12:10

川崎優勝を象徴する最後の5点目。「甘い」と言われても貫いた攻撃姿勢。<Number Web> photograph by Asami Enomoto

表彰式での「風呂桶」も、また地域密着で育ってきた川崎フロンターレらしい。川崎だからできる、シャーレを掲げる以上に価値あるシーンかと。

自チームにブーイングをしないサポーターの存在。

 12番目の選手もしかりだ。川崎のサポーターは、自分のチームにブーイングをしないことで有名である。

 タイトルに届かない度に、そこを「甘さ」だとも指摘されたが、いつも温かい彼らの存在が救いだったと中村憲剛は話す。

「負けてもブーイングされないことに甘えちゃいけないと思った。甘えてはいないつもりだけど、そこに救われたところもある。ブーイングされても、おかしくない試合もあったと思う。それでも背中を押し続けてくれた結果、今がある。みんなを日本一のサポーターにできてよかった」

 過去、リーグチャンピオンに名を連ねたのは9クラブだ。

 だがそのほとんどが「オリジナル10」と呼ばれるJリーグ開幕に名を連ねていたクラブである。そんなJリーグの歴史において、1999年に始まった際の「J2オリジナル10」である川崎は、初めてその頂にたどり着いた。

「フロンターレ (Frontale)」とは、イタリア語で「正面の、前飾り」を意味する言葉である。

 堂々と最前列に立ち挑戦するフロンティアスピリッツで、さらなる時代を切り開いていく姿勢を楽しみに見届けたい。

<緊急アンケート> Jリーグ史上最高の外国人選手は誰だ? ~雑誌「Number」連動企画~

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

川崎フロンターレ
中村憲剛
家長昭博
長谷川竜也
鬼木達
小林悠
新井章太
関塚隆
高畠勉
相馬直樹
風間八宏
庄子春男
寺田周平
伊藤宏樹
田坂祐介
天野春果

Jリーグの前後のコラム

ページトップ