詳説日本野球研究BACK NUMBER

清宮プロ志望でドラフトが読める?
12球団の思惑、単独1位候補は誰だ。 

text by

小関順二

小関順二Junji Koseki

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2017/10/16 11:00

清宮プロ志望でドラフトが読める?12球団の思惑、単独1位候補は誰だ。<Number Web> photograph by Kyodo News

U-18W杯でともに戦った(左から)安田、清宮、中村。3人ともドラフト1位指名となるか。

「大谷翔平が好き」と公言する剛腕・鈴木博志。

 即戦力候補投手の残る1人はストレートの最速が157キロという剛腕、鈴木博志である。静岡の磐田東高出身で、在籍するのが静岡のヤマハなので中日が地元球団として注目を集めている。適性はリリーフ。中日リリーフ陣の今季防御率を見ると又吉克樹2.13、祖父江大輔2.57、伊藤準規3.88、三ツ間卓也4.06、岩瀬仁紀4.79、福谷浩司5.74、谷元圭介6.00と苦しい状態なので、入札あるいは外れ1位で指名する可能性は大いにある。

 この鈴木を取材したとき、筆者は大谷翔平の話題を振った。有原航平(早稲田大→日本ハム)、田中正義(創価大→ソフトバンク)のときも同じことをしたが、2人とも「いやいや(大谷は)雲の上の存在なので」と争う気を見せなかった。

 それとは対照的に鈴木はその点積極的に乗ってきた。「大谷翔平が好きで、真似しているわけじゃないですけど、ああいうふうにきれいな投げ方で投げたいなというのがあったから、それで多分似てきているんじゃないかと思います」と話し始めた。そう、鈴木のフォームは少しだけ大谷に似ているのである。

履正社・安田は木製バットの対応力にも注目。

 高校生野手の安田は、知名度や人気では大きく清宮に後れを取るが、その長打力や安定感では決してヒケを取らない。U-18ベースボールワールドカップの練習試合、日大戦では清宮の後の5番をまかされ、日大の主戦投手・山本龍之介から右中間に三塁打、植谷翔磨からライトにホームランを放っている。ちなみに三塁打のときの三塁到達タイムは12.10秒で、一部で言われる「鈍足」ではないレベルだ。

 またU-18ベースボールワールドカップでは打率3割2分以上の好成績を挙げ、木製バットでの対応力が注目を集めている。この安田に入札する可能性があるのが西武、楽天で、さらに投手力が安定している広島、阪神、巨人、ソフトバンクも無視できない。

 以上に名前を挙げた清宮、中村、田嶋、馬場、東、鈴木博、安田の7人以外では即戦力投手候補が永野将司(Honda)、鈴木康平(日立製作所)、西村天裕(NTT東日本)、鍬原拓也(中央大)の4人で、高校生投手は石川翔(青藍泰斗)、田中瑛斗(柳ケ浦)、清水達也(花咲徳栄)、本田仁海(星槎国際湘南)の4人が注目されている。

【次ページ】 石川、田中、本田の高校生投手に光るものが!

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

清宮幸太郎
中村奨成
馬場皐輔
東克樹
鈴木博志
安田尚憲
永野将司
鈴木康平
西村天裕
鍬原拓也
石川翔
田中瑛斗
清水達也
本田仁海

プロ野球の前後のコラム

ページトップ