詳説日本野球研究BACK NUMBER

清宮プロ志望でドラフトが読める?
12球団の思惑、単独1位候補は誰だ。 

text by

小関順二

小関順二Junji Koseki

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2017/10/16 11:00

清宮プロ志望でドラフトが読める?12球団の思惑、単独1位候補は誰だ。<Number Web> photograph by Kyodo News

U-18W杯でともに戦った(左から)安田、清宮、中村。3人ともドラフト1位指名となるか。

石川、田中、本田の高校生投手に光るものが!

 永野はスリークォーターのフォームは未完成だが、左腕ながら150km以上を投げ込み、鈴木康は右オーバースローから最速151kmのストレートを投げる速球派。西村は投球フォームでは2人よりオーソドックスな右腕で、チーム内での役割はリリーフ。大学生の鍬原も含めてこのクラスになると実績面や投球フォームが万全でなく、「即戦力」という部分では首を傾げる。ここで注目されるのが石川をはじめとする高校生である。

 田中、本田は180cm以上の長身で、田中、本田は体重が70kg台なので「長身痩躯」と表現してもいい(石川は体重が80kg)。いわゆるウエートトレーニングを存分にしていない中でストレートが150km台を計測しているという部分に大きな魅力を感じる。

 石川は完全な1位候補で、ピッチング以外でも昨年にくらべ取材の対応力が上った。コミュニケーション能力はスカウトが重視する部分で、私がする石川の話にあるスカウトは興味深く耳を傾けていた。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

清宮幸太郎
中村奨成
馬場皐輔
東克樹
鈴木博志
安田尚憲
永野将司
鈴木康平
西村天裕
鍬原拓也
石川翔
田中瑛斗
清水達也
本田仁海

プロ野球の前後のコラム

ページトップ