バスケットボールPRESSBACK NUMBER

新スタイルに挑むシーホース三河が、
今季のBリーグの行方を左右する!? 

text by

後藤茂仁(Number編集部)

後藤茂仁(Number編集部)Shigehito Goto

PROFILE

photograph byYuki Suenaga

posted2017/10/03 11:50

新スタイルに挑むシーホース三河が、今季のBリーグの行方を左右する!?<Number Web> photograph by Yuki Suenaga

開幕戦での雪辱を「意識しすぎて固くなってしまった」と話す比江島。2戦目は好ディフェンスを見せつつ13得点を挙げた。

「田臥さんもいなかったし、まだリベンジではない」

 目指すチームの方向性が明確な栃木に比べ、ハーフコートオフェンスと速い展開をミックスさせようとする三河の今季のスタイルは、まだまだ試行錯誤の段階だとHCも選手も口を揃える。だからこそ、今後の選手同士のケミストリー次第では、大きな可能性を秘めているとも言えるだろう。

 金丸と2人での起用も期待されるシューターの松井啓十郎や、スピードに定評のある村上直、西川貴之のような選手の加入を受けて、「(ハーフコートバスケだけでスピードを)コントロールしすぎるのはもったいない」と鈴木HCが語ったように、今後ベンチプレーヤーも含めたチーム全体で、昨季よりも高いレベルの、三河のチームスタイルを完成させていくことを目指すことになる。

「試合前練習で新加入の選手とも『僕はこうしたい、向こうはこうしてほしい』という話をあらためてしたので、今日はできたんだと思います。ベースはこういう戦い方で、内容をもっともっとよくしていくために、シーズン通して選手同士コミュニケーションをとっていかないとと思いますし、試合をしながらよくしていくしかない」(金丸)

「いい選手は揃っているので、しっかり噛み合えば強いシーホースが見せられると思っています。今日の1勝は大きかったと思います。ただ、個人的には今日も全然だめでしたね。田臥さんもいなかったですし、まだリベンジできた気がしない」(比江島)

 リーグ戦は残り58試合。シーズンを通じて、各チームはそれぞれのスタイル=らしさを磨き続け頂点をめざす。次こそ真の雪辱を果たすため、三河が栃木と再び相まみえた時、精度を増した栃木の「王者らしさ」に、三河がどんな「らしさ」をもって挑むのか。

 今季のBリーグの優勝争いを左右する三河のチャレンジから、目が離せそうにない。

B.LEAGUE2017-18 OFFICIAL GUIDEBOOK

Sports Graphic Number PLUS October 2017 B.LEAGUE

B.LEAGUE
2017-18 OFFICIAL GUIDEBOOK

 

関連記事

BACK 1 2 3 4
シーホース三河
鈴木貴美一
金丸晃輔
比江島慎
栃木ブレックス
田臥勇太

バスケットボールの前後の記事

ページトップ