SCORE CARDBACK NUMBER

新ビッグ3誕生の核となる、スパーズの対照的な2人。~エースでありたい男と、賞に興味がない男~ 

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2016/02/04 09:00

新ビッグ3誕生の核となる、スパーズの対照的な2人。~エースでありたい男と、賞に興味がない男~<Number Web> photograph by Getty Images

オルドリッジ(右)は'06年全体2位でNBAへ、レナード(左)は'15年最優秀守備選手賞を獲得。

 サンアントニオ・スパーズは、アメーバのようなチームだ。内部で変幻自在にエースが変わり、チームのスタイルも変えながら生き延びてきた。

 今シーズンは、ティム・ダンカン、マヌ・ジノビリ、トニー・パーカーの旧ビッグ3が脇役にまわり、対照的な2人の選手が中心となった。

 片や、エースであることにこだわりを持ち、二番手として扱われることに不満で前のチームを出てきたオールスター選手、30歳のラマーカス・オルドリッジ。昨夏、ポートランド・トレイルブレイザーズから移籍してきた。片や、MVP候補として名前をあげられてもまったく興味を示さない24歳のカワイ・レナード。ルーキーの時からスパーズで育てられ、厳しいグレッグ・ポポビッチヘッドコーチからも「目覚ましい成長をしている」と称賛される逸材だ。2人は、旧ビッグ3の中で一番若い33歳のパーカーと共に、新ビッグ3としてこの先のチームを引っ張っていくことを期待されている。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

サンアントニオ・スパーズ

バスケットボールの前後のコラム

ページトップ