炎の一筆入魂BACK NUMBER

優しい人間は生き残れない世界で。
広島・大瀬良大地が求める強さの形。 

text by

前原淳

前原淳Jun Maehara

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2017/07/24 17:00

優しい人間は生き残れない世界で。広島・大瀬良大地が求める強さの形。<Number Web> photograph by Kyodo News

無事勝てた……お互いに激投の労をねぎらった大瀬良と中崎。この信頼関係が鉄壁の継投を生み出している。

大瀬良のひと言は、皆に大きな力と勇気を与えている。

 7月18日、甲子園。バトンを受けた中崎は「イニングの途中からマウンドに上がることはどうも思わない」と中継ぎとしてのプライドをのぞかせながらも「逆にイニング途中に降りるときは申し訳ないと僕も思う。(大瀬良が声をかけるように)そういうことを言ってくれると、こっちも抑えてやろうという気持ちになる」と続けた。

 大瀬良の優しさは、誰かの力になっている。

 新人床田も復帰へ前を向いて歩き出し、大瀬良の姿を見て勇気をもらったファンも少なくない。

 その優しさは、何より大瀬良自身を強くしているのだ。

 優しさと厳しさは相反するものかもしれないが、優しさと強さは同居できる。本物の強さは、優しさの中にこそあるのだ。

関連コラム

BACK 1 2 3 4
大瀬良大地
広島東洋カープ
中崎翔太
黒田博樹
床田寛樹
津田恒実

プロ野球の前後のコラム

ページトップ