炎の一筆入魂BACK NUMBER

優しい人間は生き残れない世界で。
広島・大瀬良大地が求める強さの形。 

text by

前原淳

前原淳Jun Maehara

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2017/07/24 17:00

優しい人間は生き残れない世界で。広島・大瀬良大地が求める強さの形。<Number Web> photograph by Kyodo News

無事勝てた……お互いに激投の労をねぎらった大瀬良と中崎。この信頼関係が鉄壁の継投を生み出している。

役目を果たすため……スタイルを貫く覚悟を決めた。

 一昨年、米大リーグから広島に復帰した黒田博樹にも言われたことがある。「プロの世界は生きるか死ぬかくらいの覚悟でやらないと、相手に勝てない」と――。

 先発から中継ぎに転向したシーズン。意識はした。実際にマウンドでの表情も厳しくなった。

 だが、常に“意識”してしまっている自分がいた。“無意識”にはできなかった。

 今季、再び先発として長いイニングを求められる。瞬発力勝負の中継ぎと違い、持久力が求められる先発では、「(無理しても)保たないんじゃないかなと思う」と自分のスタイルを貫くことを決めた。

 だが、それは決して周囲の言葉に目を背けているわけではない。

「いろいろ言われるけど、自分が初めてになればいいんじゃないかって」

 自分がそういう投手ということを受け入れ、その上で強くなる。器用なタイプではないが、胸に秘めたものは強い。

 それは、伝説の投手の背番号を引き継ぐ者の使命なのかもしれない。

“炎のストッパー”津田恒実氏の背番号を受け継いで……。

 広島の背番号14と言えば、“炎のストッパー”と呼ばれた故・津田恒実氏が背負っていた番号だ。大瀬良の優しさとは対照的に、打者に立ち向かっていく闘志を前面に押し出す投手だった。

 大瀬良はオフになれば、津田氏が眠る山口県周南市にある墓へ足を運ぶ。

 登板後は、心の中で偉大な先輩と対話するように、その日の投球を反省する。そして前を向く。

 その気持ちが――他の人たちにも伝わる。

【次ページ】 大瀬良のひと言は、皆に大きな力と勇気を与えている。

BACK 1 2 3 4 NEXT
大瀬良大地
広島東洋カープ
中崎翔太
黒田博樹
床田寛樹
津田恒実

プロ野球の前後のコラム

ページトップ