スポーツ百珍BACK NUMBER

筒香、菊池、小林……WBCの真実。
侍ジャパン100時間密着取材の告白。

posted2017/06/26 07:00

 
筒香、菊池、小林……WBCの真実。侍ジャパン100時間密着取材の告白。<Number Web> photograph by Nanae Suzuki

ラッキーボーイとなった小林の活躍に喜んだのは、ファンだけでなくチームメートたちも同様だった。

text by

茂野聡士

茂野聡士Satoshi Shigeno

PROFILE

photograph by

Nanae Suzuki

「小林、覚醒したよ!」

 その時日本代表のベンチは、東京ドームを埋めたファン、そしてテレビ越しに熱戦を見つめた人々と同じく、驚いていた。

 2017年3月10日、WBC1次ラウンド中国戦。日本が1点を先制して迎えた2回裏、小林誠司がレフトスタンドに2ラン本塁打を放つ。打撃面では期待されていなかった背番号22が“ラッキーボーイ”となった瞬間、チームメイトもまた、衝撃を受けていた――。

 プロ野球開幕前の野球界を熱くしたWBCでの激戦。グラウンドの中でも外でも、世界一を目指して戦った侍ジャパンの日々に密着した映画『あの日、侍がいたグラウンド』(製作:J SPORTS)が、7月1日から1週間限定で公開される。

 つねにカメラマンとしてチームとともに時間を過ごし、野球中継では見えない側面を記録した三木慎太郎氏(J SPORTSエクゼクティブプロデューサー)が、誰も知らない侍ジャパンの一面を明かしてくれた。

朝8時半にはスタンバイ、練習後には編集作業の毎日。

――WBCの期間中、撮影時間はどのくらいだったのですか?

「合計で100時間を超えましたね。その中から要素を厳選し、100分に収めました。そのうちの約7割は、野球中継では決して見られない独自映像になっています」

――侍ジャパンに帯同するカメラマン兼監督って、どういうスケジュールで毎日動くんでしょう。

「朝9時に練習開始だとしたら、集合30分前の8時半にはスタンバイして待っていました。練習が終わって帰る時も選手たちを追いますし、宿舎でも日々色々なことが起こります。そして1日が終わったら『このシーンは使えるな』というのを抜粋しておかないと、後々大変になってしまうので、編集作業も同時進行でした。これが毎日続くので、ヘトヘトになりました(笑)」

【次ページ】 ズケズケ行き過ぎると、選手も身構える。

1 2 3 4 5 NEXT
小林誠司
筒香嘉智
菅野智之
中田翔
菊池涼介
松田宣浩
山田哲人
則本昂大

プロ野球の前後のコラム

ページトップ