新刊ドラフト会議BACK NUMBER

野球が「人生のつっかえ棒」。作者との甘美な共犯関係。~ミステリ小説の売れっ子が書いた野球短篇集~ 

text by

えのきどいちろう

えのきどいちろうIchiro Enokido

PROFILE

photograph bySports Graphic Number

posted2017/06/25 16:00

野球が「人生のつっかえ棒」。作者との甘美な共犯関係。~ミステリ小説の売れっ子が書いた野球短篇集~<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

『午前三時のサヨナラ・ゲーム』深水黎一郎著 ポプラ社 1500円+税

 さすが当代ミステリの名手、深水黎一郎の手になる野球短篇集だ。たぶん世間的には「ユーモア小説」の位置づけなのだと思うが、僕のような野球ジャンキーには身につまされるというか思い当たるフシが多すぎるというか、つまり、その、深く共感できるものだった。

 登場するのは野球が「人生のつっかえ棒」になってるような男女だ。野球が存在することでどうにかバランスが取れている。自分の胸に手を当てて考えると、何か大事なものが欠落しているのかもしれない。欠落を埋めたくて野球に寄りかかっているのかもしれない。

「ミステリの深水黎一郎」はそこを見逃さないのだ。犯人は共犯関係を仕立て上げようとしている。だから野球選手に夢を見る。自分には野球しかないのだから、選手もそうであってほしいと願う。妄想のなかで、カクテル光線に照らされた球場は「野球しかないヤツ」が「野球しかないヤツ」を見つめる共犯関係の現場だ。たまに不動産投資にいそしむピッチャーが出たりすると、裏切られたように怒り出すのはそういうことだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 541文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

桜の挑戦。~日本ラグビー W杯8強への道~
深水黎一郎

プロ野球の前後の記事

ページトップ