JリーグPRESSBACK NUMBER

広州と済州で見たJリーグ勢の敗戦。
鹿島&浦和、完封負けの共通点は? 

text by

寺野典子

寺野典子Noriko Terano

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2017/05/25 12:25

広州と済州で見たJリーグ勢の敗戦。鹿島&浦和、完封負けの共通点は?<Number Web> photograph by Getty Images

ガックリと肩を落としてピッチを去る浦和の選手たち。過酷な条件でもいかに気迫を持って戦えるか……が試された一戦となった。

攻撃陣とDF陣との意識のズレが出てしまう。

 前半の広州恒大に怖さはなかった。

 鹿島は前線からのプレスが功を奏し、好機が生まれていたが、決めきれない。逆に広州はボール奪取後、鹿島のボランチ周辺のスペースを使い、絶好機を演出する。鹿島はGKクォン・スンテの好セーブと相手のシュートミスに救われた。

「とにかくシュートで終わってほしい」

 昌子は攻撃陣へそう伝えたという。

 そうすれば、相手にカウンターのチャンスを与えずにすむと考えたからだ。しかし、昌子の要求通りに試合は運ばなかった。

「ボールの失い方が悪い」とDF陣は考える。

 逆に攻撃陣は、「もっと押し上げてほしい」と感じていたかもしれない。

 それでも、前半を0-0で抑えたという点で鹿島はミッションを達成した。

「攻められていても“やられている”感じはなかった」

「後半になれば、相手も落ちてくるだろうから、自分たちにチャンスが来ると話していた」と伊東が振り返る。しかし、後半開始早々に、金森の負傷が悪化し交代。

「相手の嫌がるプレーをすること、前からプレスをかけていく守備を意識した」と話す金森の不在が影響したのか、そこから広州恒大の攻撃の圧力が増し、60分以降の鹿島は完全に受け身の状態に。そして、75分、右コーナーキックからパウリーニョにゴールを決められる。

「攻められてはいたけれど、“やられている”という感じはなかった。にもかかわらず、あのコーナーキックのとき、足が止まってしまった。集中が切れないように、俺や(三竿)健斗がずっと声を出し続けていた」と昌子。

 セットプレーに関しては特に気を配った。

「足がつったり、疲れが見えている選手もいた。パウリーニョのマーカーへもうひと声かけていれば、失点はしなかったかもしれない」と昌子は悔やむ。

【次ページ】 鹿島の策である「前半を0で抑える」は成功したが。

BACK 1 2 3 4 5 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

鹿島アントラーズ
浦和レッズ
川崎フロンターレ
昌子源
広州恒大
済州ユナイテッド
柏木陽介
阿部勇樹
西川周作

Jリーグの前後のコラム

ページトップ