“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

G大阪、清水で育った筑波大の知将。
長谷川健太と小井土正亮、師弟の絆。 

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph byTakahito Ando

posted2017/05/07 08:00

G大阪、清水で育った筑波大の知将。長谷川健太と小井土正亮、師弟の絆。<Number Web> photograph by Takahito Ando

筑波大学蹴球部監督の小井土はまだ39歳。51歳の長谷川とは一回り以上の年齢差があるが、同じサッカー指導者として対峙している。

いつか恩師に「小井土の色」のサッカーを見せたい。

「どんなミスでも必ずその原因に選手自身が思い当たれるように指導するスタイル。そこには一切の妥協が無い。その姿勢にも強く影響を受けました。

 でも僕は指導者として、健太さんの立ち振る舞いを真似してはいけないし、サッカーのスタイルそのものも真似てはいけないと思っています。

 でもディティールにはこだわります。自分なりの哲学を持って、自分なりの立ち振る舞いをする。そしてその姿勢を絶対に崩さない。細かい技術的な要素を参考にしつつも、自分に合った監督像を築いていく。この生き方、自分の強い信念になった沢山の経験そのものが、健太さんから学んだ自分の財産なんです。それは健太さんと仕事をしたからこそ、よりはっきりと見出すことが出来たものなんです」

 最後に改めて、自身の目標について聞いてみた。

「僕が健太さんと試合がしたいと思うのは、自分の中で『健太さんの下でしか評価されない訳では無い』というプライドがあるんです。なので、自分が1つのチームを任されたときに、健太さんから学んだことを活かし、かつ『小井土の色』を付けて、『こんなチームを作りましたよ』と健太さんに披露したいんです。それこそが健太さんへの最大の恩返しになると思っています」

 名将への階段を着実に歩んでいる長谷川監督を納得させるには、まだまだ時間がかかることは小井土監督も理解している。

 筑波大蹴球部の監督としてさらに経験を積み、「大学サッカー界の名将」に近づいてこそ、最終的な目標にたどり着くことができるのだ。

“長谷川健太にはなれない”男の挑戦は、まだ始まったばかりだ――。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
長谷川健太
小井土正亮
清水エスパルス
ガンバ大阪
筑波大学

Jリーグの前後の記事

ページトップ