福西崇史の「考えるサッカー」BACK NUMBER

ボランチが守備型+守備型の問題点。
福西崇史「シュンやヒデと組む時は……」 

text by

福西崇史

福西崇史Takashi Fukunishi

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2017/03/29 17:30

ボランチが守備型+守備型の問題点。福西崇史「シュンやヒデと組む時は……」<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

代表では初めてボランチに入った酒井高徳。ハードな守備と運動量、という特徴は守備でこそ光るタイプの選手だ。

長谷部が復帰する可能性がある中、中盤はどうなる?

 山口と酒井高のコンビはビルドアップ面で課題が残ったのは事実ですけど、守備の局面では積極的に奪いに行くし、運動量を活かしたり身体を張ったディフェンスをしようとはしていた。なので出来が悪かったというより、試合で初めてコンビを組むこともあってイメージが噛み合わなかったのだと思います。

 ただ予選も終盤で、限られた時間の中で連係を高めていかなければいけない。試合前、香川が酒井高に対して話をしてましたよね。“今度はもう少し近づいてプレーしていこう”とか話し合いがもっと増えていけば、次の試合へと生きていくはず。

 UAE戦とタイ戦ともに中盤の構成で気になる点があっても、連勝できた。結果を出したのは大きいですし、予選突破も見えてきた。だからこそ短い練習時間の中で、どこまでお互いを理解し合えるか。6月のイラク戦以降は長谷部が復帰する可能性もありますが、今回の連戦で起用された選手たちが成長するきっかけにしてほしいですよね。

(構成・茂野聡士)

関連記事

BACK 1 2 3 4
酒井高徳
山口蛍
福西崇史
中田英寿
中村俊輔
小笠原満男
小野伸二
中田浩二
遠藤保仁
ロシアW杯
ワールドカップ

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ