炎の一筆入魂BACK NUMBER

セ界王者のカープがCSで横綱相撲。
背景には黒田、コーチらの意識改革が。
 

text by

前原淳

前原淳Jun Maehara

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2016/10/14 12:30

セ界王者のカープがCSで横綱相撲。背景には黒田、コーチらの意識改革が。<Number Web> photograph by Kyodo News

CSで2連勝を飾り、日本シリーズに王手をかけた広島ナイン。好不調の波にかかわらず勝ちをもぎ取る理想的な“広島野球”を展開している。

石井コーチらの意識改革が打線を劇的に変えた。

「打線は水物。打っても3割なんだから、いかに打てない7割の質を上げるか。見逃し三振では何も生まれないけど、バットに当てて転がせば走者が進む。ノーヒットで得点することだってできる。打てないときはそうやって点を取ることもできる」

 守備走塁から打撃へと担当が代わった昨秋から石井打撃コーチは選手にそう言い続けてきた。振り込みやフォーム矯正などの技術指導もあるが、何よりも意識改革が打線を変えた。対外試合から10日以上離れても、打撃全部門でリーグトップを誇った“ビッグレッドマシンガン”は色あせなかった。

 3年ぶりBクラスとなった昨季から、視界は変わり、そしてチームも変わった。

 肌寒さが増した10月、広島の夜。

 怒号とため息で1年の終わりを告げた昨年の10月とは違い、今年は熱狂と歓喜の波が本拠地マツダスタジアムを覆っている。

 まだまだ広島のシーズンは終わらない。

関連記事

BACK 1 2 3
クリス・ジョンソン
野村祐輔
今村猛
ジェイ・ジャクソン
中崎翔太
黒田博樹
石井琢朗
東出輝裕
迎祐一郎
広島東洋カープ
横浜DeNAベイスターズ

プロ野球の前後の記事

ページトップ