JリーグPRESSBACK NUMBER

石川直宏が愛される最高の組合せ。
柔和さと、リミッターを越える感情。 

text by

西川結城

西川結城Yuki Nishikawa

PROFILE

photograph byJ.LEAGUE PHOTOS

posted2016/09/29 11:00

石川直宏が愛される最高の組合せ。柔和さと、リミッターを越える感情。<Number Web> photograph by J.LEAGUE PHOTOS

石川直宏ほど、バンディエラという言葉が似合う選手はJリーグを見渡してもそうはいない。存在そのものがクラブの宝なのだ。

決断は自分の意地、しかし支えになったのは周囲の助け。

 何より前を向き続けていたのは、石川の意地だった。

「現役を続けると決めたのは、自分の意志であり、意地。結局、決断は自分が中心の話になってしまうけど、ただ、苦しい時や乗り越えどころで何を考えたかというと、それはもう一度ピッチに立つ姿を見たいと真っ直ぐに言ってくれるサポーターや家族、友人のことだった。ありきたりかもしれないけど、支えてくれる人たちがいたから。自分1人では、正直今回は乗り越えられなかった。

 選手がピッチを離れるということは、存在を忘れ去られることと同じ。でも、みんな自分のことを忘れず待っていてくれた。本音を言えば、プレッシャーにもなった。こんなに期待されて、自分が復帰できなかったらどうしようと。その怖さは、ピッチに立つまであった」

 石川の趣味はサーフィンである。

「復帰までの間は、コンディションが上がって、下がってと行ったり来たり。まるで大きな波に乗るように時間を過ごしてきた」

 この苦しい1年を振り返る時でさえも、彼は笑いながらジョークを交えて話してくれる。力みのない自然体の態度も、多くの人を惹きつける理由の1つに付け加えたい。

J3で復帰した石川のもとに駆け寄った若い選手たち。

 待望の復帰は、ドイツでのケガから1年と1カ月が過ぎた今年9月になった。

 今年からクラブが参戦するJ3のリーグ戦。FC東京U-23の一員として、後半途中からピッチに足を踏み入れた。ホーム・味の素スタジアムに集まったサポーターからの大歓声を背に、帰ってきた背番号18はプレーを楽しんでいた。ロスタイムにはGKを強襲するシュートや、あと少しでアシストにつながりそうなパスも繰り出した。勝利のホイッスルが鳴ると、周りの若い選手たちが石川のもとに駆け寄ってきた。

「意外にすんなり入れたのかなと。でもピッチに立つ前と、立ってからではやっぱり違った。怖さは自然となくなり、完全にスイッチが入った。ここがやっぱり自分の生きる場所なんだなと、あらためて思った。いろいろ考えていた不安も、すべてリセットされた。

 こういう空気を久しぶりに体感して、みんなも期待して集まってくれて。自分がサッカー選手としてピッチに立ち続ける理由が、そこにあると思った。もちろん、昔に比べたらプレーの質も時間も低下していっている。それでも、自分らしさ、俺にしか出来ないプレー姿を感じて欲しい。それはサポーターにだけ向けたものではなくて、チームメートやスタッフにも示して戦っていきたい」

【次ページ】 水沼も、室屋も、石川の存在を支えにしていた。

BACK 1 2 3 4 5 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

石川直宏

Jリーグの前後のコラム

ページトップ