JリーグPRESSBACK NUMBER

石川直宏が愛される最高の組合せ。
柔和さと、リミッターを越える感情。 

text by

西川結城

西川結城Yuki Nishikawa

PROFILE

photograph byJ.LEAGUE PHOTOS

posted2016/09/29 11:00

石川直宏が愛される最高の組合せ。柔和さと、リミッターを越える感情。<Number Web> photograph by J.LEAGUE PHOTOS

石川直宏ほど、バンディエラという言葉が似合う選手はJリーグを見渡してもそうはいない。存在そのものがクラブの宝なのだ。

選手でいるうちに勝ち得たい、絶対的な成功体験。

 石川は、長年FC東京に在籍しながら未だリーグ制覇に到達できていないことに、「自分の力の無さだと痛感している」と話す。以前はひたすら自分をアピールし、自分を磨くことでチームの力になることを目指したが、ケガやリハビリを通じて、選手としての自分と向き合い、冷静にチーム全体を見つめることができた。

 苦しい経験をしてきた人間には、その人間なりのアプローチがある。

「自分だけではない視野で物事を見られるようになってきた。ピッチの内外で、いろんな人たちから刺激を受け、刺激を与えられる存在でいたい。それを、自分の生き様につなげていく。やればやるだけ、モチベーションも課題も出てくる。新たなものが湧き出てくる。いろんな競争も、勝利への責任もある。すべて、自分の力に得られるもの。その得たものを、どう結果に変えるか。そこがまだ自分の中では達成できていない。それを、選手でいる間に、絶対に成功体験として勝ち得たい」

 30代中盤。落ち着きと安定感は石川、そして男の魅力である。一方、彼と同じ世代の選手を見てみると、阿部勇樹はまだまだ浦和を牽引し、1つ歳下の大久保嘉人もゴールを量産している。あの闘莉王もJリーグに帰還し、再び熱を帯びている。

 まだまだ、ピッチでは感情を爆発させたっていい。石川直宏。大人になった、急先鋒。これもまた、愛されるべき最高のマッチングである。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4 5

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

石川直宏

Jリーグの前後のコラム

ページトップ