欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

武藤嘉紀「俺、ここから大爆発だから」
古巣の練習場で溢れ出た言葉と思い。 

text by

西川結城

西川結城Yuki Nishikawa

PROFILE

photograph byAFLO

posted2016/06/13 11:40

武藤嘉紀「俺、ここから大爆発だから」古巣の練習場で溢れ出た言葉と思い。<Number Web> photograph by AFLO

武藤嘉紀はまさにシンデレラボーイだった。ケガという初めての大きな挫折から帰ってきた時、彼は何を新たに手にしているのだろうか。

「俺、今ね、気合い入っているのよ」

「代表での争いは本当に意識している。今、(本田)圭佑くんや(香川)真司くんの後がいないと言われている。やっぱり、今季はあの2人の位置を脅かす1年にしたい。

 とにかく、そうなるためには結果が全て。貪欲に行くよ。1対1の勝負やアシストも大事だけど、それよりもゴール、ゴール、ゴール。誰に何て言われようと、『こいつ、メチャクチャわがままな日本人だな』と思われようと、自分のゴール。我を通そうと思う。もちろんチームに貢献はする。それが自分のベースだから。それをした上でね、ゴール。

 サイドでもFWでもやる。試合に出られなかったら話にならないから。気質は点取り屋になってきていると思うけど、ポジションはもう問題じゃない。一皮剥けるためには、どこででもゴールを目指す。俺なんて高校時代はサイドバックもやっていたでしょ。後々、あれが良かったと思えているから。人生って、必然であって、偶然なことはほとんどないと今は思っている。

 俺、今ね、気合い入っているのよ(笑)。これまでは自然体でいることも意識していたけど、もうね、久しぶりにメラメラしている。これをキープしないといけないけどね、燃え尽きないように。

 欧州はどこにチャンスが転がっているかわからない。本当にこの1年で痛感したこと。日本にいた時ですら、チェルシーから声をかけてもらった。それは、客寄せパンダみたいな感じだったのかもしれないけど、でもそういうことだってあった。

 だから欧州で活躍さえすれば、自分の力でどこまでものし上がっていける世界。そこにいられている立場だから。こんなチャンスを生かさないわけにはいかない。家族もいるから、稼がないといけないし(笑)。本当にサッカーが充実しないと私生活、人生も充実しない。選手である以上ね」

「俺はここにいる」というメッセージ。

 そして最後に、もう一度こう念を押された。

「やってやるぜ! ここから。だからまた見ていてくださいね」

 きっとそれは、「俺はここにいる」と世間に向けたメッセージにも聞こえた。

 ロッカールームへと消えていく姿。1年前に青赤色のジャージーを着ていた頃よりも、大きな背中だった。ドイツでの経験や父親になったこと、もちろんトレーニングの賜でもある。それはここから勝負に出る決意を背負った、男らしい後ろ姿だった。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5 6
武藤嘉紀
マインツ
FC東京

海外サッカーの前後の記事

ページトップ