2016年の高橋由伸BACK NUMBER

未完成で、不安定で、一寸先は闇。
だから、2016年の高橋由伸を見よう。 

text by

プチ鹿島

プチ鹿島Petit Kashima

PROFILE

photograph byKiichi Matsumoto

posted2016/03/24 11:05

未完成で、不安定で、一寸先は闇。だから、2016年の高橋由伸を見よう。<Number Web> photograph by Kiichi Matsumoto

コンディションが悪いということで、期待していた捕手・阿部慎之助と岡本和真の二軍行きが開幕直前に決定。新人監督にとって辛い報道が続く……。

今年のヨシノブのふるまいを見てみよう。

 球団もファンも、地上波最後のスーパースターを手順を踏まずに監督にさせたのである。

 そこまでしたなら堂々と見るべきなのである。

 その結果、高橋由伸はコテンコテンに静かに負け続けるかもしれない。もしかしたら、いざ「打席」に入ったら「サーと来て、サーと打つ」かもしれない。私が見た、あの「1999年の高橋由伸」のように。

 あの年の私の悔いは、巨人が優勝できなかったことではない。あれだけ驚きを毎試合見せてくれたヨシノブが完走できなかったことだ。最後の試合までヨシノブを見たかった。

 それなら今年のヨシノブをじっくり見てみよう。ふるまいを見てみよう。未完成で不安定で一寸先がどうなるかわからないなら、なおさらだ。私はそう決めた。

「2016年の高橋由伸」のはじまりである。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4 5 6

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

読売ジャイアンツ
高橋由伸
オコエ瑠偉

プロ野球の前後のコラム

ページトップ