オリンピックへの道BACK NUMBER

カーリング日本選手権、LSが初優勝。
本橋の妊娠離脱とメンバーの「自立」。 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2016/02/21 10:40

カーリング日本選手権、LSが初優勝。本橋の妊娠離脱とメンバーの「自立」。<Number Web> photograph by Kyodo News

吉田知那美のいるLS北見は、3月の世界選手権、11月のPACC、来年2月に開催されるアジア冬季競技大会の出場権を獲得した。

本橋の妊娠が、チームに転機をもたらした。

 失意に沈んだ。そのとき、本橋からの誘いを受けてLS北見への加入を決断する。新たな出発にあたり、北海道銀行時代を振り返りながら、思った。

「離れることになったのは、私自身のカーリングに対する取り組み方の甘えだったりが招いたこと」

 そして決意した。

「自分の足で、自分の頭で考えてカーリングをしようという風に変わりました」

 2シーズン目を迎えた今季は、その姿勢をさらに強くする出来事があった。本橋の妊娠と出産である。

「今まで麻里ちゃんに助けてもらっていたことや、任せきりにしていたことを一から見直そうと私は思いました」

コミュニケーションの必要性が、その質を上げていく。

「自立」をスローガンに掲げて4人はスタートする。それがチームに変化をもたらした。セカンドの鈴木が振り返る。

「本橋選手がお休みすることで、みんなで意見を言い合わなければいけない状況になって、以前よりもコミュニケーションをとれるようになりました」

 リードの吉田夕梨花もこう語る。

「自分が何をすべきかを常に考えていました。しっかり自分の役割がわかったところで氷にあがって、それがチームのコミュニケーションにつながっています」

 中部電力から今シーズン加入したスキップ藤澤の言葉もまた、チームのありようを示唆していた。

「周りの方からすごく言われたのは『このチームに入ってすごく楽しそうだね』ということです。今までは自分で自分にプレッシャーをかけていたところがありましたが、ほんとうにチームメイトを信じられるようになりました」

 試合で見られた密なコミュニケーションは、そんなチームの姿を象徴していた。

 その輪の中で吉田知那美は、笑顔で皆に接し続けた。

【次ページ】 メンバーが語る吉田の存在感とは?

BACK 1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

本橋麻里
吉田知那美
ロコ・ソラーレ北見

冬季スポーツの前後のコラム

ページトップ