SCORE CARDBACK NUMBER

見据える先は平昌五輪。伊藤みき、復活への一歩。~3季ぶりにW杯に復帰したモーグル界のエース~ 

text by

矢内由美子

矢内由美子Yumiko Yanai

PROFILE

photograph byAFLO

posted2016/02/18 16:30

見据える先は平昌五輪。伊藤みき、復活への一歩。~3季ぶりにW杯に復帰したモーグル界のエース~<Number Web> photograph by AFLO

コースの傾斜が急と言われるW杯3戦目のカルガリー大会でも及第点の滑りを見せた伊藤。

 右膝靱帯損傷で'14年ソチ五輪を棄権したフリースタイルスキー女子モーグルの伊藤みき(北野建設)が、3季ぶりにW杯の舞台に復帰し、日々奮闘している。

 今季W杯開幕戦となった昨年12月12日のルカ大会で復帰戦を21位で乗りきると、1月23日の第2戦バルサンコム大会で20位、1月30日の第3戦カルガリー大会で21位。トレーニングで得た手応えがなかなか順位に反映されないというもどかしさを抱えながらも、試合を重ねる毎に出てくる課題の中身は着実にレベルアップしているといい、表情は明るい。

「1戦目は'13年12月にケガをした場所での大会だったので恐怖感もあり、戻れるかな、という中での試合だった。2戦目は良い滑り、良いジャンプをしたいとしっかり練習をして臨んだけどタイムが遅かった。3戦目は第1エアーでの失敗が響いてしまったけど、3試合でベストの滑りができた。順位はあまり変化がないけど、もうリハビリの選手じゃない。やっと選手らしい悩み、勝負をしにいくための悩みがガンガン出て来ている」

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

伊藤みき
平昌五輪
オリンピック・パラリンピック

冬季スポーツの前後のコラム

ページトップ