“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

東京Vから青森山田、そして湘南へ。
神谷優太が全国選手権で流した涙。 

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph byYohei Osada/AFLO SPORT

posted2016/01/15 11:00

東京Vから青森山田、そして湘南へ。神谷優太が全国選手権で流した涙。<Number Web> photograph by Yohei Osada/AFLO SPORT

憧れの柴崎岳と同じ10番を背負って全国選手権に臨んだ。卒業後は湘南ベルマーレへの加入が内定している。

選手権の会場に、かつての東京Vユースの仲間が。

 気持ちを新たにスタートを切った彼に、嬉しいニュースがひとつあった。それは選手権の会場に、かつての東京Vユースの仲間が応援に来てくれていたことだった。直接会うことはなかったが、周りからその事実を知らされた。

「正直来てくれるとは思わなかった。もう感謝しかなかったし、もっと成長した姿を見せなければいけないという思いが強くなった」

 最後に彼にこう聞いてみた。

「いま、東京V時代の仲間と会ったら、何て伝えたい?」と――。

 彼は晴れやかな表情で、こう返してきた。

「『後押ししてくれてありがとう。自分のわがままにつきあってくれてありがとう』と伝えたい。まだ言えていないけど、これからサッカー仲間として、会う時が来ると思う。その言葉はそのときに言いたい。今なら全員の顔をしっかりと見て言えます」

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
神谷優太
青森山田高校
柴崎岳
湘南ベルマーレ
東京ヴェルディ

高校サッカーの前後の記事

ページトップ