“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

東京Vから青森山田、そして湘南へ。
神谷優太が全国選手権で流した涙。 

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph byYohei Osada/AFLO SPORT

posted2016/01/15 11:00

東京Vから青森山田、そして湘南へ。神谷優太が全国選手権で流した涙。<Number Web> photograph by Yohei Osada/AFLO SPORT

憧れの柴崎岳と同じ10番を背負って全国選手権に臨んだ。卒業後は湘南ベルマーレへの加入が内定している。

「周りに恩返しするしかない大会」

「周りに恩返しするしかない大会。自分が青森山田に行ったことで、どれだけ成長したかを示さなければならないし、自分の選択が間違いではなかったことを実証する大会でもありました」

 彼の決意は固かった。初戦の大社戦でチームのオープニングゴールを決め、0-2からの大逆転に貢献すると、その後も聖和学園、桐光学園、富山第一を下し、ベスト4まで駒を進めた。

 準決勝の國學院久我山戦。幸先よく先制したチームだったが、神谷のシュートがバーを叩くなどチャンスを活かしきることができなかった。後半アディショナルタイムに逆転弾を浴び、彼の選手権はここで幕を閉じた。

「負けた瞬間は何が起こったのか分からなかった。でも、応援団を見たら、全員が頭を下げたようになっていて、『ああ、終ったんだ』と……。その瞬間に10番として、勝利に導けなかった悔しさが溢れ出した」

青森山田で教わった「常に感謝の気持ちを胸に」。

 彼は人目もはばからず涙を流した。止まることのない涙。だが、それは悔し涙だけではなかった。

「正直、自分の力を出し切れなかった。でも、最後までチームのためを思って戦い抜けたことが、青森山田での1年間の大きな成長だと思う。1年前の自分だったら、自分の力が出し切れない時点で、どこかで集中が切れて、プレーが雑になっていた。でも、今はもうそんなことは絶対に思わない。自分は一人でやっている訳ではない。周りの人たちがいたからこそ、今がある。その人たちに感謝をしながら戦っていきたい」

 あの涙から3日後、彼はすでに湘南ベルマーレの馬入グラウンドにいた。緑のジャージではなく、ベルマーレのジャージを着て。

「これからプロとして歩んでいく実感が湧きました。プロの世界は生存競争。生き残っていかなければならない世界。意識をもっと変えないと、と思うけど、青森山田で教わった『常に感謝の気持ちを胸に』という思いを抱き続けて、頑張っていきたい」

【次ページ】 選手権の会場に、かつての東京Vユースの仲間が。

BACK 1 2 3 4 5 NEXT
神谷優太
青森山田高校
柴崎岳
湘南ベルマーレ
東京ヴェルディ

高校サッカーの前後の記事

ページトップ