サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

「最年少」「海外組」という二面性。
U-22における南野拓実を考える。 

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2015/03/31 11:35

「最年少」「海外組」という二面性。U-22における南野拓実を考える。<Number Web> photograph by Getty Images

19歳にして海を渡り、オーストリアに移籍した南野拓実。「セレッソユースの最高傑作」と言われた男の真価はしかし、まだ存分に発揮されているとはいいがたい。

“海外組には期待している”

 リオ五輪1次予選が始まる前、手倉森誠監督が久保裕也と南野拓実、2人に投げ掛けた言葉は、海外組としての存在意義を証明しろというものだった。

 とくに結果が求められたのが南野だ。今年1月にセレッソ大阪からオーストリアのザルツブルクに完全移籍。現在20歳の南野はU-22日本代表ではひとつ下の世代だが、そこからリオ五輪1次予選に招集されたフィールドプレイヤーは南野だけだ。それだけ監督の期待の大きさがうかがえた。

 監督が南野に要求したのは、国内組との「違い」を見せつけることであり、「結果」だった。予選は親善試合と異なり、相手が100%で向かってくる。その中で海外での経験を活かし、ゴールを決めてチームを勝利に導いてほしい。それが海外組の仕事であり、攻撃的なポジションでプレーする選手の責務でもある。そのことをチームに合流した南野も十分認識していた。

「自分はU-17やU-19でアジア予選を戦っている分、こういう(予選の)経験がみんなよりも多い。それに、この暑さは昨年ミャンマー(U-19アジア選手権)で経験しているんで、ここに来る前から自分の中でイメージしてきた。それらを今回の予選に役立たせていきたい。あと、自分は2試合しか出れないので、ゴールやアシストという結果でチームに貢献したいですね」

10度のザルツブルクから、30度のマレーシアへ。

 予選の初戦となるマカオ戦前日、南野の表情はやる気で満ちていた。ただ、暑さへの順化は思った以上に大変だった。南野が所属するザルツブルクの気温は、まだ10度前後。ダウンが欠かせない気温から30度近い高温多湿のマレーシアに移動してきたのは、マカオ戦の4日前だった。動いていると汗が吹き出し、体が重くなる。だが、南野はそれをネガティブに捉えず、逆に涼しい顔で「結果を出す」と、ゴールへの欲求をむき出しにしていたのである。

【次ページ】 マカオ戦で1ゴール1アシストの「違い」。

1 2 3 4 NEXT
手倉森誠
久保裕也
南野拓実
野津田岳人
鈴木武蔵
リオデジャネイロ五輪
オリンピック

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ