プロ野球亭日乗BACK NUMBER

「笑う阪神」ではCSを勝ち抜けない。
揃った戦力と勢い、あとは厳しさだけ。 

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2014/10/10 12:00

「笑う阪神」ではCSを勝ち抜けない。揃った戦力と勢い、あとは厳しさだけ。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

終盤の接戦を制してシーズンを2位で終えたことで、来季の続投が決定した和田豊監督。本拠地甲子園で、広島を迎え撃つ。

今年の阪神は、戦力的には最も充実していると言える。

 今年のCSを戦力的に見れば、阪神は決して弱くはない。ファイナルステージで出てくる巨人も、エースの菅野智之投手の登板が極めて厳しい中では、むしろ3チームの中で一番、充実した陣容を持っていると言えるかもしれない。

 短期決戦の要である投手陣は、先発にはメッセンジャーを軸に能見篤史、藤浪晋太郎、岩田稔各投手と駒がそろい、クローザーの呉昇桓投手も盤石である。打線も、打点王のゴメス内野手に首位打者のマートン外野手と外国人選手が元気で、3番の鳥谷敬内野手を加えたクリーンアップは3球団の中で最も強力と言っていいだろう。

あとは昨年顔を出した「闇」への対処。

 しかも、昨年との一番の違いはチームに勢いがあることだ。

 昨年は、阪神が9、10月に10勝18敗(2分け)と大きく負け越してCSを迎えたのに対して、広島は16勝9敗(1分け)と終盤に勢いをつけてポストシーズンに突入してきた。その差のままに初戦を取られると、あっさりと連敗で決着がついてしまった。

 しかし今年は逆だ。

 広島が9、10月を12勝16敗と失速して、2位がかかった最終戦もエースの前田健太で敗れて終わった。一方の阪神は、9月以降を13勝13敗と五分で乗り切っただけでなく、2位がかかった9月15日以降は9勝5敗と勝ち越している。

 戦力、勢いは少なくとも広島を上回り、ひょっとしたら巨人すらも凌駕するものがある。

 そう、阪神にとって今年はファイナルステージまで進んで、下克上で巨人を破る大チャンスなのである。

 あとは、昨年顔を出したチームの「闇」に、どう光を照らすことができるか。選手ひとりひとりに、どう勝つことに執着する意識を植えつけるのか。それは、チームを率いる和田豊監督の手腕に尽きるということになる。

 9月9日からの巨人との甲子園最終決戦の総括でも書いたが、巨人・原辰徳監督と阪神・和田監督のベンチワークの一番の違いは、1点に対する意識にある。

【次ページ】 選手に委ねる和田監督、策を講じる原監督。

BACK 1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

阪神タイガース
和田豊
読売ジャイアンツ
原辰徳
広島東洋カープ
菅野智之
能見篤史
藤浪晋太郎
岩田稔
呉昇桓
前田健太
鈴木尚広

プロ野球の前後のコラム

ページトップ