プロ野球亭日乗BACK NUMBER

オールスターで考えるメディア論。
もっとちゃんと「野球」が観たい! 

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2014/07/25 10:50

オールスターで考えるメディア論。もっとちゃんと「野球」が観たい!<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

意図を込めた器用でオールスターの2試合制に意味を与えた伊東勤、原辰徳両監督の功績は大きい。

 もっとちゃんと「野球」が観たい。

 望むことは、ただそれだけだと痛感した。

 前回のこのコラムでオールスター戦に出場する選手に「もっと真剣勝負を観せて欲しい!」と願いを書かせてもらった。

 そういう意味では今年のオールスター戦は2試合とも、選手の頑張りが随所に観られて、充実感のあるものだったと感じられた。

 ここ数年は「オールスターの希少性を大事にするためにも1試合だけにすべきではないか」という意見が、選手側からも、またファンの間でも高まっている。ただ、NPBにとっては数少ない主催試合で、貴重な収入源でもある。中味が薄くなるという反対意見があろうが、なかなか試合数減に踏み切れないのはある意味、致し方ないと理解できるところだ(だから現状でいいという意味ではないが……)。

セパ両監督の起用法が、2試合制に意味を与えていた。

 しかし、今年に限って言えばパ・リーグの伊東勤監督(ロッテ)とセ・リーグの原辰徳監督(巨人)のうまい選手起用で、2試合やるプラス面が出ていたシリーズにもなっている。

 前半戦の広島の躍進とカープ女子などの話題性から、セ・リーグのファン投票では8人の広島勢が選出されていた。ハッキリ言って、これがベストなのかという疑問と、その一方でこれもオールスターの一つの在り方という思いがあった。この相反する思いをうまく消化できたのは、両監督の選手起用とそれに応えた選手たちのプレーのおかげだと思う。

 18日の第1戦、全セの原監督はファン投票にそった形で、先発の前田健太投手を含めて広島勢6人を先発に起用。また、監督推薦で選んだ中日の谷繁元信監督を“捕手”で使うなど、話題を軸にした先発を組んだ。

 それに応えるように前田も好投を見せ、エルドレッドや菊池涼介ら広島勢が活躍して全セが絵に描いたようなゲーム展開で快勝した。

【次ページ】 2戦目は「今のリーグのベストメンバー」が揃った。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

伊東勤
原辰徳
谷繁元信
藤浪晋太郎
大谷翔平
柳田悠岐
ペーニャ
山田哲人
堂林翔太
坂本勇人

プロ野球の前後のコラム

ページトップ