プロ野球亭日乗BACK NUMBER

オールスターで考えるメディア論。
もっとちゃんと「野球」が観たい! 

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2014/07/25 10:50

オールスターで考えるメディア論。もっとちゃんと「野球」が観たい!<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

意図を込めた器用でオールスターの2試合制に意味を与えた伊東勤、原辰徳両監督の功績は大きい。

スポーツショーではなく、「野球」が観たい。

 だとすればプロ野球は、野球というスポーツとしての生き残りの手段を模索すべきで、決してムリをしてスポーツショーにする必要はない。そのためにはテレビ中継も地上波にこだわる必要はないという気もする。

 そうなれば送り手だって尻切れとんぼの中継もなくなる。無理してマスを相手に野球本来の魅力を伝えきれないもどかしさに悩む必要もない。プレーそのものの醍醐味にもっと迫る演出に、仕事の心血を注げるようにもなるはずである。

 いまパ・リーグが取り組んでいるようにCS、BS放送やインターネット中継を含めて、球場に行けないファンのために「野球」をしっかり観られる環境作りをすること、それがファンの裾野を広げる大きな手段であるのは間違いない。オールスターや日本シリーズ、WBCなどの国際イベントでも同じだという意識を、NPBはしっかり持つべきである。

 そして球宴がプロ野球の一大イベントであるとするならば、まずそういう環境作りに取り組むべきであろう。

この記事の全文は「Number PREMIER」でお読みいただけます。
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
甦る死闘。 True Stories of 2023. - Number1086号 <表紙> 大谷翔平

Sports Graphic Number 1086
甦る死闘。
True Stories of 2023.

2023年12月7日発売
800円(税込)

Amazonで購入する

BACK 1 2 3 4
伊東勤
原辰徳
谷繁元信
藤浪晋太郎
大谷翔平
柳田悠岐
ペーニャ
山田哲人
堂林翔太
坂本勇人

プロ野球の前後の記事

ページトップ