熱狂とカオス!魅惑の南米直送便BACK NUMBER

ロナウジーニョ逮捕劇の一部始終。
40歳誕生日はパラグアイ留置所か。

posted2020/03/10 20:30

 
ロナウジーニョ逮捕劇の一部始終。40歳誕生日はパラグアイ留置所か。<Number Web> photograph by REUTERS/AFLO

パラグアイでの取り調べ後のロナウジーニョ。サッカーファン誰もがこんな姿を見たくなかったはずである。

text by

沢田啓明

沢田啓明Hiroaki Sawada

PROFILE

photograph by

REUTERS/AFLO

 3月7日午前10時、ロナウジーニョと兄で代理人のアシスが、捜査関係者に周囲を固められ、パラグアイの首都アスンシオンの裁判所の通路を歩いてきた。長時間の取り調べを受けるためである。

 現役時代、超人的なテクニックと独特の笑顔で世界中のフットボールファンを魅了した稀代のマジシャンは、黒いベレー帽を被り、白い無地のTシャツに黒のズボンという簡素ないでたち。これまで誰にも見せたことがない、ひどく悲しそうな表情を浮かべ、目には涙が滲んでいる。

 体の前で合わせた両手は、薄紫の大きなタオルに覆われていた。アシスの両手には手錠がかけられており、彼も手錠につながれているのは間違いない。

 衝撃的な光景だった。

自伝のPRでパラグアイに向かった。

 3月4日朝、ロナウジーニョとアシスはサンパウロ国際空港を飛び立ち、アスンシオン国際空港へ到着した。

 ダリア・ロペスというパラグアイ人女性実業家の招きで7日まで滞在し、この女性が主宰する貧しい子供たちのためのNGOのイベントに参加したり、自分の半生を描いた本のプロモーションをするのが目的だった。

 サンパウロ空港の出国手続きではブラジルのパスポートを提示し、パラグアイ空港の入国手続きではパラグアイのパスポートを示した。そこには、「ブラジル出身のパラグアイ国籍取得者」と記されていた。

 空港へ出迎えたダリア・ロペスに付き添われてNGOのイベントに参加し、地元ラジオの番組に生出演してから、アスンシオン郊外にある高級ホテルのスイートルームに落ち着いた。

 ところが、午後10時過ぎ、予想外の来訪者があった。パラグアイ警察の関係者である。

【次ページ】 偽造とは知らなかったと供述。

1 2 3 4 5 NEXT
ロナウジーニョ

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ