サッカーの尻尾BACK NUMBER

4-3の乱戦でバルサがクラシコ勝利。
マドリーを待ち受けた2つの“誤算”。  

text by

豊福晋

豊福晋Shin Toyofuku

PROFILE

photograph byAP/AFLO

posted2014/03/24 12:05

4-3の乱戦でバルサがクラシコ勝利。マドリーを待ち受けた2つの“誤算”。 <Number Web> photograph by AP/AFLO

もみ合うセスク・ファブレガスとぺぺ。クラシコでは往々にして審判が主役となってしまうが、今回も試合後のコメントが審判に集中する事態となってしまった。

笑ったのは、首位に立ったアトレティコか。

 しかしぎりぎりでの勝利だったように、バルサもまたマドリーと同じように問題を露呈した。

 顕著なのはクロスへの極端に甘い対応だ。左サイドからディマリアがシンプルにクロスをいれ、中でベンゼマが合わせるという形から2失点を喫した。マスチェラーノはサイドからのボールへの対応がややルーズで、今後はチャンピオンズリーグでも同じ形で狙われるようになるのではないだろうか。バルサは勝ったものの、同時に不安も見せることになった。

 マドリーに傾きつつあった優勝争いは、バルサの勝利により再び振り出しに戻ることになった。

 3つのPKとひとつの退場が入り交じった、計7得点の大乱戦。誰よりも笑ったのは、この試合の前に快勝し首位に立ったアトレティコ・マドリーだったかもしれない。

関連記事

BACK 1 2 3
バルセロナ
レアル・マドリー
アトレティコ・マドリー
クリスティアーノ・ロナウド
セルヒオ・ラモス
リオネル・メッシ
カルロ・アンチェロッティ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ