欧州CL通信BACK NUMBER

メッシ不在のままバイエルンに完敗。
バルサが直面した「0-7」の現実。  

text by

豊福晋

豊福晋Shin Toyofuku

PROFILE

photograph byREUTERS/AFLO

posted2013/05/02 11:35

メッシ不在のままバイエルンに完敗。バルサが直面した「0-7」の現実。 <Number Web> photograph by REUTERS/AFLO

シャビ、イニエスタを交代で下げた後のバルサは完全に覇気を失っていた。写真は彼らの交代後、ミュラーによって3点目を決められたシーン。

悔しい気持ちさえ湧きあがらない……0-7の大敗。

 選手ひとりひとりの献身と運動量の差も顕著だった。

 ボール奪取後に複数人がさぼらずに走りだすバイエルンに対し、バルサは足下にボールが入ってはじめて出しどころを探すという繰り返しだった。

 ピケは試合後、「来季にむけて何かを決断しなければ」と、補強の必要性も示唆している。

 カンプノウを後にするファンは、悔しそうにしている人すらいなかった。

 表情には諦めの色しかなかった。

 180分間で直面した0-7。そこには彼らの悔しさすらかき消すほどの差があったのだ。かつて欧州を席巻したバルサは来季、0-7の現実から立ち上がらなければならない。

関連記事

BACK 1 2 3
バルセロナ
バイエルン
ハビエル・マルティネス
リオネル・メッシ
セルヒオ・ブスケッツ
ビクトル・バルデス
アリエン・ロッベン
ダニエウ・アウベス
ティト・ビラノバ
フランク・リベリー
ジェラール・ピケ
欧州チャンピオンズリーグ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ